【インプレ】レイドジャパン「ファットウィップ 3インチ」。”あの人気トッププロ”も密かに愛用する名作ストレートワーム!

レイドジャパン「ファットウィップ 3インチ」。

発売されて以来、多くのアングラーの釣果報告にあがるワームです。

個人的にも愛用しており、ボウズ逃れ用ワームとして活用中。

ということで当記事では、レイドジャパン「ファットウィップ 3インチ」のインプレを紹介!

トッププロも愛用する名作、レイドジャパン「ファットウィップ 3インチ」

レイドジャパン「ファットウィップ 3インチ」とは

「ファットウィップ 3インチ」は、レイドジャパンから発売されている3インチのストレートワーム。

コンパクトなボディサイズでありながら、自重があり遠投性にもすぐれ、バイト率も高め。

また、さまざまなリグに対応する汎用性も魅力で、シマノのプロスタッフ・黒田健史氏も愛用していることでも知られています。

黒田氏のウインニングルアーとして、「ファットウィップ3インチ」が以下のサイトで紹介されています↓

2018年04月06日(金)〜04月08日(日)愛媛県野村ダムで開催されたJBトップ50第1戦ゲーリーインターナショナルCUPの上位の釣り方

レイドジャパン「ファットウィップ 3インチ」のスペック・仕様

以下、レイドジャパン公式サイトより、「ファットウィップ 3インチ」のスペック引用↓

LURE SPEC

Length: 3inch  

Quantity: 8pcs  

Price: 800yen

(引用:レイドジャパン公式サイト「FAT WHIP 3inch」より

☆ファットウィップ3インチのフックサイズは、以下の記事で紹介しています。

【インプレ】レイドジャパン「ファットウィップ 3インチ」を実際に使ってみた感想

この項目では、実際にファットウィップ3インチを使い込んだ印象をインプレします。

ファットウィップ3インチのインプレをざっくりお伝えすると、以下のとおりです。

「ファットウィップ3インチ」のインプレ

●食わせ能力にすぐれる

●キャスト性能◎

●スキッピングがビシバシ決まる

●針持ちよし

●コスパはそれほど良くない

●やや人を選ぶ?

ボウズ逃れに良し。食わせ能力にすぐれる

レイドジャパン「ファットウィップ 3インチ」を使ってみて最初に思ったことは、『バイト率が高い』というもの。

サイズが3インチということもあり、小バスからグッドサイズまで幅広いサカナのバイトを引き出すことができるワーム…という印象です。

 

こんな小バスも普通に釣れる。コンパクトなワームなので、バイト数が多いんですよね。

野池のみならず、メジャーフィールドのオカッパリやレンタルボートでも使えるので、汎用性も◎

ボウズ逃れをしたいときや、「とにかく1匹でもバスを釣りたい!」と考える初心者さんなどにピッタリなワームだと感じます。

【関連記事】

反則級ルアーまとめ」はこちらで読むことができます↓

ゆらゆら揺れながらフォールする

ファットウィップ3インチをノーシンカーで使うと、ゆらゆらと揺れながらフォールします。

一般的なストレートワーム(センコーとか)も揺れながらフォールするものもありますが、ファットウィップ3インチはより揺れ幅が大きいような気もする。

シンプルな形状の中にWHIP CRAWLERシリーズ伝統の三角形断面ボディを採用する事で、ノーシンカーリグでもフォール中に左右に揺れながら落ちる生命感あるローリングフォールアクションを実現。

(引用:レイドジャパン公式サイト「FAT WHIP 3inch」より

ということで、なるほど確かにユラユラと揺れやすい作りになっているのがわかります。

ノーシンカーリグやワッキーリグにも相性がよさげ。

キャスト性能◎遠投&スキッピングがビシバシ決まる

「ファットウィップ3インチ」は自重が5gほど。
そのこともあり、キャストしやすい作りなのがありがたいですね。

スピニングタックル×ノーシンカーリグという組み合わせでは、オーバーハングしたカバーの下をピピピッと気持ちよくスキッピングすることができます。

また、遠投性にもすぐれるため、野池の対岸へ正確なキャストをおこなえるというのもメリット。

3インチファットヤマセンコーよりもカッ飛ぶような気がします。

針持ちよし

針持ちにすぐれるという点もお気に入りポイントです。

(写真上から、ヤマセンコー、ファットウィップ)

同じようなワームに、ゲーリーヤマモト「3インチファットヤマセンコー」がありますが、耐久性においてはファットウィップ3インチに部があるかなと。

数本釣りくらべてみましたが、ゲーリーだと1~2本釣ると壊れてしまうものの、ファットウィップだと2~4本くらいまで保ちました。

片面のフックポイントが露出して破れたときは、ひっくり返せばOKです。

アクション性が損なわれるのかと思いきや、ひっくり返しても普通によく釣れる。

デメリット、微妙な点

コスパはそれほど良くない

レイドジャパン「ファットウィップ 3インチ」は、1パックあたりの入り数がやや少なめ。

名作ストレートワーム、ゲーリーヤマモト「3インチファットヤマセンコー」と比較するとわかりやすいかもしれません。

「3インチファットヤマセンコー」は、一本あたり約90円(1パック900円前後)。

一方、「ファットウィップ3インチ」は、一本あたり約110円(1パック880円)

一本あたりの価格はファットウィップのほうがお高め。

とはいえ、ワーム補修剤などで直しつつ使えば、結果的にはコスパが良かったりするかもしれませんね。針持ちがいいワームなので。
トータルで見たら、コスパはほかのワームとそれほど変わらないような気もします。

【関連記事】

ワーム補修剤のおすすめ品」はこちらで読むことができます↓

やや人を選ぶ?

「ファットウィップ 3インチ」は、人気メーカー・レイドジャパン社から発売されているワームです。

レイドジャパン社への評判は賛否両論あるため、人によっては敬遠されやすいルアーだともいえるでしょう。

レイドジャパンのルアーはちょっと…という人には、ファットウィップ3インチは合わないかも?

個人的には、レイドジャパン製品は好きなので気になりません。よく釣らせてもらっているので(^^)

【関連記事】

レイドジャパンのバスロッドの真相」はこちらで読むことができます↓

【インプレ】レイドジャパン「ファットウィップ 3インチ」。トッププロも密かに愛用する名作ストレートワーム|まとめ

レイドジャパン「ファットウィップ 3インチ」のインプレを紹介しました。

3インチというコンパクトサイズでありながら、自重ありキャスタビリティにすぐれ、それでいてよく釣れるワームです。

ボウズ逃れ用、食わせ系アプローチ用、ストレス解消用ワームをお探しならチェックしてみては…?

☆ファットウィップ3インチのフックサイズは、以下の記事で紹介しています。

こちらの記事もおすすめです↓