20タトゥーラSV TWは2ozクラスのビッグベイトも余裕で使える!バカ売れしている理由がわかった気がする。

This in 汎用性お化け!

6g~56gまで全てイケるリール。

ここ最近、メチャクチャ売れているダイワ「20タトゥーラSV TW」。

スプール径が小さいため重いルアーは苦手…かと思いきや、普通に扱えるのでビビった。

20タトゥーラSV TWは2ozクラスのビッグベイトにもイケる。バカ売れしている理由がわかった気がする。

20タトゥーラSV TWはビッグベイトも余裕で扱える

20タトゥーラSV TWはバーサタイルなリールとして人気だ。

しかし当機には小さなスプールが搭載されているため、2oz前後のルアーに対する使い心地は微妙なんじゃないかと考えていた。

一般的に、リールのスプール径は小さくなるほど軽量ルアーの扱いに優れ、大きくなるほど重いルアーの扱いに優れる…と言われているが、実際にビッグベイトを使ってみると全く問題なく使用できる。

20タトゥーラSV TWには32mm径というやや小さめのスプールが搭載されているため、手にする前までは2oz級のビッグベイトは扱いにくいんじゃないかと危惧していたけど、完全な取り越し苦労であった。

→アマゾンで20タトゥーラSV TWをチェックしてみる

ダイワ「20タトゥーラ SV TW 」
created by Rinker
ダイワ(DAIWA)

軽量ルアー専用リールでビッグベイトを扱ったときに起こるデメリット

(写真はシマノ「アルデバランBFS」)

ベイトフィネスリールなどの軽量ルアーの扱いに特化されたリールで、2oz前後のビッグベイトを使うといくつかのデメリットが生まれやすい。

例えば以下のような感じ。

●スプールのレスポンスが過剰になりすぎてトラブルが増える。

●キャスティング時・フッキング時にスプールに負荷が掛かりすぎる。

●ラインキャパが足りない

上記はあくまで僕個人の体験からきているものではあるが、軽量ルアーに特化したリールをビッグベイトに使うと、メリットよりもデメリットの方が多くなると感じる。

●軽量ルアー特化リールでのビッグベイティングはリスク高し!

ベイトフィネスリールはスプールの立ち上がりに優れているのがウリ。

しかし、ビッグベイトなどに使用するとレスポンス過多になりすぎてしまい、バックラッシュなどのトラブルが増えてしまう。

また、多くのベイトフィネスリールには繊細な作りのスプールが搭載されているため、キャスト・フッキング時に生まれる負荷に耐えられずに破損…という危険性も。

ベイトフィネスリールは、スプールのラインキャパシティも小さめ。

主にフロロ16ポンド以上を使うことが前提となるビッグベイトの釣りには、ラインキャパの関係もあってベイトフィネスリールは使用しにくいのだ。

20タトゥーラSV TWは、上記したデメリットを発生させず、快適にビッグベイトの釣りを可能にする。

そこそこ軽量なルアーも扱えて、しかも2ozクラスのビッグベイトすら扱えてしまうのだから驚きだ。

→アマゾンで20タトゥーラSV TWをチェックしてみる

ダイワ「20タトゥーラ SV TW 」
created by Rinker
ダイワ(DAIWA)

まとめ:20タトゥーラSV TWは2ozクラスのビッグベイトも快適に扱える優秀なリールである

20タトゥーラSV TWが発売された当初は、「32mm径だし、ビッグベイトは辛そうだな」などと訝しんでいたが、実際に使ってみると全く問題なくてビビってしまった。

ビッグベイトが扱えるにも関わらず、ベイトフィネスっぽいことも出来てしまう20タトゥーラSV TW。

なぜバカ売れしているのか理由がわかった気がする。

→アマゾンで20タトゥーラSV TWをチェックしてみる

ダイワ「20タトゥーラ SV TW 」
created by Rinker
ダイワ(DAIWA)

【こちらもお役に立つかもしれません】

●ベイトリールに関する記事はこちら

●おすすめタックルまとめ記事はこちら