極悪な極熱さ!?足先の血管を沸騰させる、ワークマン「防寒ブーツ バケイラ」が暖かすぎて手放せない。

足先の血管を沸騰させるブーツ。

冬場の釣りで冷え性に悩んでいたが、コレを履くことでかなり改善された。

防寒ブーツが欲しいんだけど、あまりにもガッチリした系のヤツはなぁ…」

「手軽に防寒ブーツを履きたいんだけど、良いのないかなぁ」

こんな悩みを抱えていたときに購入した、ワークマン「防寒ブーツ バケイラ」

足元の防寒対策として購入したのだが、足先に冷え性を抱えている僕でも、履くだけで足元までポッカポカ。

実際に1年くらい使い込んでみたので、僕の体験談も含めたインプレをしていく。

【インプレ】サヨナラ、冷え性。防寒用ブーツに買った、ワークマン「防寒ブーツ バケイラ」が暖かすぎて涙目。

ワークマン「防寒ブーツ バケイラ」

こちらが今回インプレする防寒ブーツ、バケイラ。

足のくるぶしまでスッポリ覆いかぶさるタイプを履くには抵抗があったので、試しに購入してみたのだが…

動きやすくて超暖かい。

心も足元もポッカポカになるほど、マジで暖かいので感動した。

しかも、鬼のようなコストパフォーマンス

動きが少ない管釣り、レンタルボートなどでも足先までしっかり防寒できるので愛用中なのだ。

アウトドアで使えるおすすめ防寒用ブーツを探している人におすすめ!

●ワークマン「防寒ブーツ バケイラ」はコチラからチェックできます↓

→ワークマン公式サイトでチェックしてみる

ワークマン「防寒ブーツ バケイラ」の外観・デザインのインプレ

ワークマン「防寒ブーツ バケイラ」の全体の印象はこんな感じ。

一見モコモコっとしていて動きにくそうだが、素材がしなやかなので柔軟性もある。

前からの姿。

ブラックなショートブーツ的な印象。

街歩きに使うには少し微妙かもしれないが、アウトドアシーンで履いていると全く違和感がない。

ザ・アウトドアブーツ然とした感じだろうか。

ワークマンの技術特性である「フィールドコア」が採用。

補足:FieldCore(フィールドコア)とは?

フィールドコア

ファッショナブルなデザインで作業服のワクを越えたFieldCore。

高機能・高品質・カラフルなデザインを取り入れ、アウトドアブランドの定価の1/3を目指して開発されました。

『山』をイメージしたロゴは大自然へ出かけたくなる気分にさせてくれます。

(引用:ワークマン公式サイト「防寒ブーツ バケイラ」より

安くてタフ、高品質!がウリで、アウトドアシーンに馴染むようなデザイン性!

●内部

内側はこんな感じ。

購入当時は「こんなに薄くて大丈夫か?」と感じたが、問題なかった。マジで暖かい…。

僕は足のサイズが27.5cmだが、ヒートテック靴下を履いてLサイズくらいでちょうど良い。

●ワークマン「防寒ブーツ バケイラ」はコチラからチェックできます↓

→ワークマン公式サイトでチェックしてみる

【体験談・インプレ】実際にワークマン「防寒ブーツ バケイラ」を1年ほど使用した感想

実際にアウトドアなどで使用してみた。

主な使用環境は、以下のようなもの。

●最低気温1~2℃、最高気温8℃前後の環境で使用

●神奈川県にあるマスの管理釣り場「開成水辺フォレストスプリングス」(1~2月)

●神奈川県「相模湖」「津久井湖」の冬場

●近所の散歩、買い物(1~3月)

主に外気温が1~8度くらいの環境で使ってみた。

ワークマン「防寒ブーツ バケイラ」とヒートテック靴下があれば、冬場の釣りではほとんど苦しみが生まれない。

さらに、使用してみて感じたことを挙げると、以下のようなものになる。

●防寒性能が非常に高い(防寒ソックスは必須)
●カジュアル性が高い
●オートバイでの使用は微妙
●アウトドア趣味(主に釣り)に最高

防寒性能が高い

普通のスニーカーやブーツなどを履いていると、足先まで冷え切ってしまうような状況で使用してみたが、非常に暖かい。

インナーソックスにはワークマンの防寒ソックスを使用していたものの、防寒ソックス1~2枚だけ履いて「防寒ブーツ バケイラ」を着用すれば、ほぼ寒さを感じないレベル。

防寒ソックスは必須

単体でも暖かい「防寒ブーツ バケイラ」だが、極寒な環境では防寒対策を施したソックスを履きたい。

山上湖などの寒い場所では、普通のくつ下だけだと流石に寒さを感じる。

カジュアル性が高い

一般的な防寒ブーツは、足首全体までスッポリ覆いかぶさるものが多い。

ブーツ型は防寒性能には優れているかもしれないが、ロングブーツスタイルの防寒シューズはカジュアルさに欠けるとも言えるし、アクティブな趣味にはちと使い辛い。

バケイラは「履きやすく脱ぎやすい、歩きやすい・動きやすい」といった感じで、アウトドア趣味においてはとても使いやすいので重宝している。

管釣りでテクテク歩きながら釣りをしたり、バス釣りのオカッパリなどでも違和感なく履いていける。

アウトドア趣味には最高

気軽に履けて、簡単に脱げる。

脱着がスムーズに行えるので、キャンプシーンなどでも使いやすいかと思う。

一般的なロングブーツタイプの防寒ブーツは、防寒性能は高くても歩きにくかったり、脱着しにくかったり、動きにくいといったデメリットもある。

しかしバケイラは足首が自由に動くので、アウトドアスポーツなどでも快適に履いていける。

オートバイでの使用(MT車)は微妙だが、AT車なら最高に合う

素材が非常に柔らかいため、クラッチ操作を必要とするオートバイには向かない。

シフトアップ時に足の甲にモロにペダルが当たるので、結構イタい。

MT車にはおすすめできないが、原付バイクなどのオートマ車で買い物や通勤に使うなら最高にマッチする。

脱着が楽チンなので、近所のコンビニやスーパーへの買い出しなどにも気軽に履いていけるのもGOOD!

まとめ:ワークマン「防寒ブーツ バケイラ」のインプレ

カジュアルに履けて簡単に防寒できるのが魅力の、ワークマン「防寒ブーツ バケイラ」を、僕個人の体験談も含めてインプレしてみた。

街のちょい歩きや散歩、ちょっとした買い物などにも気軽に履いていけるので、アウトドア趣味がない人にもおすすめ。

バカ売れ中なので、品切れに注意

現在、ワークマンの通販サイトではバカ売れ中とのことで品薄状態が続いている。

年末年始にかけて売れまくるため、寒さがピークになったときに入手できない…みたいなことは出来る限り避けたい。

バケイラを狙っている人は、寒さがピークを迎えるまでに事前に入手しておくことをおすすめする。

●ワークマン「防寒ブーツ バケイラ」はコチラからチェックできます↓

→ワークマン公式サイトでチェックしてみる

【こちらもお役に立つかもしれません】

●冬の防寒対策に関する記事はこちら

●冬の釣りに関する記事はこちら