雑記:ボトムでコリコリ。底物・打ち物系ルアーって、色んな釣り方が出来るからマジで面白い。

ここ最近、テキサスリグやリーダーレスダウンショットリグばっかりやってます。

というか数年前からコレばっかりやってるんだけども、

かなり楽しい。

相変わらず、「打ち物・底物」などと呼ばれるタイプのルアーばっかり投げてます。

これがまた楽しいんだ。

【ボトムでコリコリ】底物系ルアーって、色んな釣り方が出来るからマジで面白い【楽しい打ち物】

ここ最近、オカッパリ・ボート問わずテキサスリグやリーダーレスダウンショットリグばっかり投げてる気がする。

というか4年くらい前から、打ち物系の釣りばっかりやってる気がする。

テキサスリグやリーダーレスダウンショットリグ。

いわゆる「打ち物・底物」と呼ばれる釣り方は、使い方の幅がめちゃんこ広い。

そりゃもう釣り人の数ほどあるんじゃないかと感じるくらい。

人によって多種多様な使い方をしていたりするのも面白いところ。

落としてチョンチョンだけじゃないよ

一般的には、打ち物系と呼ばれるルアーのアクションで多いのは

着底→ちょんちょん誘って回収

みたいな単調な操作。

実はそれだけじゃない。

というか、それだけだと釣れる魚に限りがある…ような気がする。

多彩な演出ができる、楽しい”底物”ルアー

フォールさせて着底、ちょんちょんと誘って回収

これだけでも釣りは成立するけども、

もっと幅広い誘い方をすると、もっとバスは釣れる。

例えば、

●ただテンションをフっとかけて、緩ませるだけ。

●ピピっとメタルジグみたいに誘う。

●吊るし状態にして、ピンポイントで誘い続ける。

●着底後に動かさない。ピクッとさせるくらいで放置。

みたいな。

「吊るし」

最近は「吊るし」なんて呼ばれてて、

全国的に中層シェイク系のテクニックが広まってきているよね。

テキサスやリーダーレスダウンショット、ラバージグでも吊るしの釣りが出来る。

吊るしの釣りも大好き。

個人的にはさ、あんまり広がらないで欲しいなぁ〜

なんて思ってたりするんだけどね。

【関連記事】

↑こんな記事を書いてて今更なに言ってんの、

みたいな感じだけど。

だって、吊るし、釣れちゃうもん。

そりゃあ、みんなやるよね。

なんというか、打ち物系の釣りって

THE・職人

みたいな世界観。

これがまた良いんだなぁ。

水中の世界を妄想するのがマジで楽しい

底物系ルアーをボトムでズル引いたときにさ、

ロッドに「コリコリ」だとか「コツコツ」みたいな振動が伝わってくるじゃない。

あれが楽しいよね。

「おっ、こんなところに枝が入っているぞ」

「ムムっ!ここには岩が入っている!よし、ここでシェイク入れて誘ってみよう!」

「ズル引いてるけど何もないな…じゃあここはスイミングで適当にスルーしようかな」

なんつってね。

水中に何が沈んでいるのかとか、そういうのを頭の中で妄想しまくるわけですよ。

現実ではラインとかリールとか風景が目に入っているんだけど、

実際に見てるのは水中…みたいな。

テキサスとかジグ、リーダーレスダウンショットリグは使うときの妄想・想像が楽しいんだわ。

「ここに何やら障害物があるぞ…じゃあここでステイさせてみるか…んでもって、軽くテンションかけてみるか…キタ!!」

なんつってね。

自分の意図した操作で食わせられた日にゃあ…

最高だよね。

ガツンとフッキングして、カバーからグイっと引っ張り出す。

最高だよね。

専用タックルを用意すると、打ち物・底物の釣りがもっと楽しくなる

ちょっと前に、キスラーっていうアメリカのメーカーのロッドを購入したんですけどね、

このロッドがとんでもなく良いんですわ。

キャスティング(主にピッチング)時の弾力感…ボヨンっていう、日本のバスロッドにはあまりないタイプの弾力感

このロッドで底物系ルアーをピッチングするのがね…

もう病みつきになるんですわ。

ノリーズの「ロードランナー」とかが似たフィーリング。

日本のバスロッドのシャキっと感もそれはそれで爽快なんだけど、

アメリカンロッド系も好きなんだよなぁ。

【関連記事】

好きなスタイルに合ったロッドを買うと、どんどん上達する

元々僕はカバー打ちが好きなスタイルだったということもあって、

好きなスタイルに合わせたロッドを購入すると、

当然、その釣りをする頻度が増えるわけで。

そんでもって、選んだロッドがバッチリ”ハマる”と、

そりゃもう楽しくて仕方がないわけさ。

投げたくなる→楽しい→釣れなくても楽しい→熟練度が上がる→楽しいから投げ続けちゃう→いつの間にか上達している→釣れるようになってくる

みたいな最高のループが生まれるワケです。

自分に合ったタックルを選ぶと、好循環が生まれてくるんだよね。

だから、ロッド選びで迷ったら、

多少ムリをしてでも、本当に欲しいものを買った方が良い。

苦手なことより、好きなことの方が伸びる

好きなスタイルをやり続けたり、

好きなスタイルに合わせたタックル選びをすると、

釣りがどんどん上達する。

好きなことを中心にやり続けていれば、

必然的に、その内上手くなるっちゅーシステム。

上手くできてるね。

好きなことなら、行動するのにモチベーションとか必要ないもんね。

モチベとか関係なく、

やりたいからやっちゃう。

好きだから、やっちゃう。

だってオレ、600日くらいテキサスリグだけ投げ続けて、

5本くらいしか釣れなかったときあるよ?5本も釣ってないかも(笑)

好きなことだけ一生懸命やり込んでれば、ちゃんと釣れるようになる。

仕事じゃないんだからさ。

苦手なことはほどほどに。

釣果なんて、とりあえず無視でいいよ。

とりあえず、

遊ぼうぜ。

 

最近はフィネスの釣りが持て囃されがちだけど、

テキサスとかラバージグみたいな

ちょい古系

な釣り。

やってみてね。

やり込むと面白いからさ。

スモラバとかネコリグとか、フィネスの釣りに飽きたら、

もうちょいストロングなワーミング、おすすめです。

【関連記事】