【新製品】ヒロ内藤氏が監修した「ヒロズチョイス シルバースレッド」が発売!トップ、スピナベ、クランク、ジャークベイト専用ライン

(画像:ユニチカ

ユニチカから、ヒロ内藤氏が監修したルアー専用ライン「ヒロズチョイス シルバースレッド」が発売されました。

「しなやかで耐摩耗性に優れたナイロンライン」として人気のシルバースレッド。

ヒロズチョイス版は「スピナーベイト、クランクベイト、ジャークベイト、トップウォーター」専用ラインとのことで、ハードルアーの釣りを追求したいコアなアングラーにとっては嬉しいアイテムとなりそうです。

ヒロ内藤氏が監修!トップ、スピナベ、クランク、ジャークベイト専用ライン「ヒロズチョイス シルバースレッド」が新発売!

ユニチカ「ヒロズチョイス シルバースレッド」

(画像:ユニチカ

●トップ専用ラインPEラインとなっており、0.8号と1号のラインナップ。

●クランクベイト専用ラインはナイロン素材低伸度&耐摩耗性に優れた作り。

●ジャーキング専用ラインナイロン素材、ポンド数によって伸度に違いがあり、カラーライン。

●スピナーベイト専用ラインはナイロン素材、カバーに強い耐摩耗性に優れた作り。

シルバースレッドシリーズは個人的にも愛用しているアイテムで、しなやかでありながらも耐摩耗性が高く、それでいてコスパに優れているという部分がお気に入り。

新たに発売される「ヒロズチョイス」も、実売価格が¥1,100前後リーズナブルなのが嬉しいですね。

トップウォーター専用ライン(PEライン)

(画像:ユニチカ

ポンド数 12 15
kg 6 7.5
号数 0.8

1

100m ¥2,000 ¥2,000

動画内でヒロ氏は、トップ専用ラインについて以下のように語っています(要約)。

ロッドの細かい動きにルアーが付いてこれるように設計した。

PEラインの極限は0.8号。
レスポンスがよく、まるでレーシングカーのようなライン。

ロッドストロークの幅を極限に狭めたり、余分なアクションを1つ足したりといったことがやりやすい。

しかし0.8号は失敗が許されない太さでもある。
なので、最初は1号が安心な選択だが、慣れたら0.8号を選びたい。

使用するには、必ずナイロンリーダーを使用すること。
(ヒロ氏は結束にFGノットを使用)

クランクベイト専用ライン

(画像:ユニチカ

ポンド数 12 15 18
kg 6 7.5 9
号数 3 3.5 4.5
標準直径(m/m) 0.285 0.310 0.350
100m ¥1,500 ¥1,500 ¥1,500

動画内でヒロ氏は、トップ専用ラインについて以下のように語っています(要約)。

クランクベイトの釣りをやっているときに難しいのは、「追い食いをいかに取るか」

クランクベイトの釣りではラインが伸びやすい。ラインが伸びた状態になっていると、アタリが手元に伝わってこない。

追い食いをしてくる魚ほどデカいので、「追い食いバイト」をいかに取っていくのかが大切。

なので、クランク専用ラインは「追い食いのアタリ」を取れるように、『低伸度』な作りにした。

また、ガレ場やロックパイル(ゴロタ石)を狙っていくには『耐摩耗性』もそれなりに必要なので、摩耗性にも着目。

「追い食いを取る、低伸度でありながらも耐摩耗性も有するナイロンライン」

この要素を実現しつつ、クランクベイト専用ラインには3サイズを用意。

●5m近いディープを攻めるための12ポンド
●シャロー、ミッドレンジを攻略するための18ポンド
●中間的な15ポンド

(20ポンドライン使用時と比較すると、ヒロ氏の体感で15~20cmほど深く潜るとのこと)

ジャーキング専用ライン

(画像:ユニチカ

ポンド数 12 16 20
kg 6 8 10
号数 3 4 5
標準直径(m/m) 0.285 0.330 0.370
100m ¥1,500 ¥1,500 ¥1,500

動画内でヒロ氏は、トップ専用ラインについて以下のように語っています(要約)。

ジャーキング専用ラインは3サイズを用意。

春先、プリスポーニング時期などには、キレのあるアクションより、ヌルヌルっとした動きに対し反応しやすい時期。

引っ張ったときにキレのある動きを”出ないように”するためには、あえて『高伸度』にし、キレを出しにくくするような作りにした(12ポンド)

水温が上がってきたときは、しっかりアクションしたほうがリアクションバイトを作りやすい。
そのため、16ポンド・20ポンドの太いサイズは『低伸度』設定にしてある。

ルアーを自分のイメージした通りに動かしやすくするために、ポンド数や伸度を使い分けるのが大切。

また、ジャーキングの釣りは手元に伝わってくるような明確なアタリが少ないこともあるので、視認性を上げるために(目で見てバイトを取れるために)カラーラインにした。

スピナーベイト専用ライン

(画像:ユニチカ

ポンド数 20 25
kg 10 12.5
号数 5 6
標準直径(m/m) 0.370 0.405
100m ¥1,500 ¥1,500

動画内でヒロ氏は、トップ専用ラインについて以下のように語っています(要約)。

スピナーべイト用ラインに求めたのは、『耐摩耗性』

ヘビーカバーの中に投げていくことも多いスピナーベイトの釣りでは、掛けた魚を障害物の中から強引に引きずり出さなければならないことも多い。

カバー周りのスピナーベイティングでは、巻きつかれたりするといったトラブルは避けられない。

そのため、安心してカバーから大きい魚を引きずり出すために、20ポンド、25ポンドというサイズを作った。

シャローのヘビーカバーなら、25ポンドを使っていきたい。
ディープを狙う場合でも、立木などのカバーがあった場合には25ポンドを選ぶと良い。

スピナーベイトのウエイトに関わらず、カバーに絡めていくような釣りをするなら、20ポンド、25ポンドといった耐摩耗性の高い太いラインを使用するのが大事。

【こちらも読んでいきませんか?】