【初心者向け】野池のオカッパリは、コレだけ持っておけば成立します。おすすめの名作スピナーベイト5選 。

秋の野池は、ターンオーバーの存在もあって、ワームを使った食わせ系の釣りが効かないときもあります。

さらに「台風」の影響で濁りが入ってしまうと、アピール力が低いルアーではバスに気付かせることもできません。

そんなときこそ「スピナーベイト」の出番。

この記事では、僕が個人的におすすめする、「野池のオカッパリならコレは持っておきたいよね」というアイテムを紹介します。

どのスピナーベイトも実績バツグンなので、「オカッパリに良さげなスピナーベイトないかなぁ」と検討している人は参考にしてみてください。

【関連記事】
スピナーベイトの基礎知識について↓

野池でオカッパリするなら、これだけは持っておきたい。おすすめのスピナーベイト

ノリーズ「クリスタルs」

☆おすすめポイント☆

●ジャパニーズ・スピナーベイトの超名作・王道

●強いアピール力

●コスパが良い

「王道中の王道」とも言える、ロングセラーのスピナーベイト。 

どんなスピナーベイトを選べばいいのかわからないときは、まずクリスタルから入るのがおすすめです。

アピール力が高いため、濁ったときに使ったり、朝夕マズメ時にバスの活性が高いかどうか調べるときなどに。

【こんな人におすすめ!】

●スタンダードな王道スピナーベイトを使いたい人。

●濁っている水域で釣りをすることが多い人。

●「アピール大!」なスピナーベイト を探している人。

ノリーズ「ディーパーレンジ」

☆おすすめポイント☆

●スレた魚にも効果的。

●小場所でも使いやすい大きさ。

前述した「クリスタルS」のアピールが高いのに対し、「ディーパーレンジ」はアピール力が控えめな作りになっています。

そのため、ハイプレッシャーでスレた野池などのフィールドでも使いやすいスピナーベイトです。

「クリスタルS」が濁り(マッディ)系の水域で活躍しやすいのに対し、「ディーパーレンジ」は中間(ステイン)から透明(クリア)系の水域で活躍しやすい。

もちろん、野池のオカッパリで「とりあえず最初に程よいアピールのスピナベ投げとくか!」の1品としておすすめです。

【こんな人におすすめ!】

●スレた場所で釣りをすることが多い人。

●ステイン〜クリアな水域で釣りをすることが多い人。

●バスに過度なアピールを与えたくない人。

【関連記事】

●【ディーパーレンジ インプレ】ノリーズのおすすめスピナーベイト。程よいアピールがスレた魚を惹きつける。

O.S.P「ハイピッチャー」

☆おすすめポイント☆

●ルアマガ読者ランキングで殿堂入り

●シルエットが小さい

●ハイプレッシャーに強い

ルアーマガジンの「読者投票人気ランキング」で、殿堂入りをした名作スピナーベイト

シルエットが小さいため、ハイプレッシャーな釣り場におすすめです。

日本のトップトーナメンターにも選ばれることがある「ハイピッチャー」。

スレた野池のオカッパリだけでなく、全国どのようなタイプのフィールドにも対応してくれる万能選手。

【こんな人におすすめ!】

●スレた場所で釣りをする人。

●「とりあえず」のスピナベを探している人(汎用性が高い)

●人気のスピナーベイトを使いたい人。

エバーグリーン「Dゾーンフライ」

☆おすすめポイント☆

●野池の小バスキラー

●サイズが超コンパクト

●時としてワームより釣れる

「スピナーベイトで釣ったことがない」

「スピナーベイトに対して苦手意識がある」

こんな人に使ってみて欲しい、コンパクトなスピナーベイトです。

シルエットがかなり小さいため、スレた魚に口を使わせやすい作りになっているのが特徴。

1/4oz(約7g)とやや軽めなので、最初は投げるのに慣れが必要かもしれませんが、トレーラーワームをセットすると非常に投げやすくなります。

例えば、

「高比重ワーム(ゲーリーのセンコーなど)を半分ちぎって、フックの根本につける」

これでMパワーのベイトロッドでもカッ飛ぶようになります。

耐久性もそこそこあるため、コスパ面においても優秀なスピナーベイトです。

「野池でどうしてもスピナベを使って釣りたい!」という方に超おすすめな、野池のスレバスキラー。

【こんな人におすすめ!】

●野池の小バスと戯れたい人(数釣りをしたい人)。

●「スピナベが苦手」を克服したい人。

●ハードルアーで釣ったことがない人。

【関連記事】

●【Dゾーンフライ インプレ】エバーグリーンのスピナーベイト。スピナベ苦手な人におすすめのコンパクトサイズ。

ディスタイル 「Dスパイカー」

☆おすすめポイント☆

●用途が多彩

●フォール中にもブレードが回る

●スレた魚にも強い

サイズ感はやや大きな印象がありますが、アピール力自体は控えめに作られているスピナーベイトです。

「フィネス(食わせ、エサ系)寄りのスピナーベイト」とも言える作りになっているため、スレた野池のオカッパリでも活躍してくれます。 

ブレードの巻き抵抗がやや弱く、アピール力(水押し)自体はやや控えめ。

フラッシング重視のスピナーベイトなので、ステイン〜クリア系の水域や、ハイプレッシャーなフィールドで使いやすいタイプのスピナベです。

ブレードがかなり薄いく、しかも腐食に弱いのがデメリット。

しかし、デメリットを感じさせないくらいよく釣れるスピナーベイト。

他のスピナーベイトとの一番の違いは、可動式のワイヤー部

フリーフォールさせると、ブレードが綺麗に回り続けて落下するような仕組みになっています。

リトリーブ中にキル(ストップ)を入れたりして、イレギュラーな使い方をするのも面白いのでおすすめです。

【こんな人におすすめ!】

●スレた場所で釣りをする人。

●ステイン〜クリアな水域で釣りをする人。

●他者とは違ったアイテムを使いたい人。