【体験談】1年間300日、テキサスリグで釣れなかったときに犯していた5つの間違い

今回は、今から数年前に関東のスレっからしの野池で、テキサスリグ(カバー打ち含む)修行していたときの体験談です。

釣行日数にすると年間で大体300〜600日くらいだと思いますが、釣果自体はほぼゼロでした。

自分でもどんだけ下手なんだよと思いますが、1年目は全くと言っていいほど釣れなかったのです。

今ではテキサスリグを使ってバスを釣ることが(少しずつですが)出来るようになってきました。

カバー打ち・テキサスリグで釣れているときと釣れてないとき、過去と今の僕ではどこに違いがあるのか?

テキサスリグを使って野池を攻めるときの間違ったアプローチについて、個人的な体験談・失敗談を書いていきます。

【体験談】1年間300日、野池でテキサスリグで釣れなかったときに犯していた間違い

1年目・300日の釣行でテキサスリグのみを使って野池を攻め続けていたのですが、ほぼ釣れませんでした。

いや、ほぼというか、確か1年目はテキサスリグで釣った魚は0匹だったと記憶しています。

今でこそ少しくらいはテキサスで釣れるようになってきましたが、当時の僕と現在の僕では、どのような違いがあるのでしょうか?

たぶん、以下のような違いがあるのではないかと実感しています。

:ワームのシルエットを意識していなかった

野池とメジャーフィールドの違いを理解できていなかった

:ワームのアピール力を調整できていなかった

:「テキサスリグ =ボトム」だと勘違いしていた

:”タイミング”を理解できていなかった

1:ワームのシルエットを意識していなかった

当時、僕が通っていた野池はいくつかあったのですが、どの野池もバスのメインベイトに違いがありました。

バスの捕食対象とルアーのシルエット(または大きさなど)を合わせるのはバス釣りの基本ですが、当時の僕は全く理解できていませんでした。

「テキサスリグなんだからホッグ・クローワームでしょ!」といった感じで、固定観念に縛られていたのです。

各々の野池によって、ワームの形状・サイズ・シルエットやカラーを変えることで、極端にバイト率が変わったりしたのは興味深い経験です。

メインベイトが小バスやギルなど、魚食生が強いタイプのバスが多い野池なのに、ひたすらホッグ・クローワームをボトムで使っていたり…。

ワームのシルエットの重要性に気づいてからは、釣果も伸びていきました。

魚食生が強いバスが多い野池を攻めるときに、クロー・ホッグワームからストレート系ワームに変えたところ、いとも簡単にバイトを得られました。

バスが何を捕食しているのか意識することができていないかったのは、1年目に犯していた間違いだったと感じます。

2:野池とメジャーフィールドの違いを理解できていなかった

野池と、有名な釣り場では攻め方や考え方などに違いがあると痛感しています。

規模が大きなメジャーフィールドは、バスを探す能力が問われます。

しかし野池のような小規模フィールドは、どちらかというと(というか、ほぼ間違いなく)”そこに居るバスをいかに食わせるか?”の釣り。

わかりやすく言うと、野池は「放流がない管理釣り場」で、しかもバスの個体数はめちゃくちゃ少ないし、スレまくっているからタチが悪い。

しかもフィーディング時間はごく限られた瞬間のみ…という激的に癖の強いフィールドです。

そのような限られた範囲の中で、なんとかバイトを出さなければならないわけです。

初心者の僕にとっては、手を出すべきフィールドではないとも言えます。

僕にとっての”野池”というフィールドは、「放流がないのにスレまくっている管理釣り場」。

頑張って学んでいたバス釣りのパターンやセオリーは、僕の通っている野池にはほぼ適用しないのだと気付いたのは、テキサス修行3年目に入ってからです。

●パターンフィッシングは、野池には当てはまりにくい…?

当時の僕はこのことを理解できておらず、メディアなどに書かれている「メジャーフィールド向け攻略パターン」などをクソ真面目に勉強していました。

しかし野池(小さな管理釣り場)にそういったパターンが当てはまるわけもなく、ただ漠然とテキサスリグをカバーに投げていた日々…。

今の僕が当時の僕にアドバイスするとしたら、「今君がバスプロから学んでいるパターン、君が通う野池にはほとんど適用しないぞ」と言うでしょう。

小規模野池には小規模野池の攻め方があり、メジャーフィールドにはメジャーフィールドの攻め方があると痛感させられた失敗談です。

3:ワームのアピール力を調整できていなかった

野池などの小規模な釣り場では、バスのメインベイトが小さいことが多いです。

ギルや小バスなどを除けば、ゴリや虫などといった小物をパクついているようなイメージです。

当時の僕が通っていた野池はメインベイトが小さく、魚食性に偏ったバスが多いフィールドです。

にも関わらず4~5インチホッグワームを使い続けていたため、バイトが全くありませんでした。

朝だろうが夕方だろうが、ほぼパーフェクトに釣れなかったのは悲しき失敗談です。

例えばノリーズ「エスケープツイン」は大好きなホッグワームですが、スレっからしの小規模野池で使用すると、よっぽどのことがないと食ってきません。

「エスケープツインは小魚にも化ける」とは言われていますが、そもそも野池のバスにとってはアピール過多であることが多いと感じます(野池のタイプによっても違いますが)。

タイミング・時合い・時間・季節・水質などなど、いろいろ噛み合ったときにようやく4.5インチホッグワームにバイトしてくる…というのが実情です。

「エスケープツインは人気だし名作ワームだから、使い続ければきっといつか釣れるはず…!」と頑張っていたのですが…結果はほぼボウズでした。

今なら「素直にサイズ落としてシルエット変えて、シンカーのウエイトももう少し軽くして、そんでもって通うタイミングと狙うスポットとレンジを意識しろ」と、その頃の自分に言えるのですが…。

●スレまくりの野池で”ストロング”は難易度ベリーハード

当時の僕は、「強いワームで釣りたい!」という気持ちが邪魔をしていたのかもしれません。

メジャーフィールドならエリアを変えればデカいワームで釣れる魚と出会うことが可能ですが、野池だとそういうわけにもいかないのが難しいところです。

小規模野池の場合、そもそもバスに”ヤル気”がないなら、エリアを変えたところでほとんど効果がありません。

「何か起きろ!」と天候が急変するのを念じて待つか、食わせ寄りのルアーを使う(ワームをサイズダウンする)くらいしか打つ手がないのです。

ワームのサイズ感、形状は、テキサスリグで野池を攻略するにあたって、超重要な要素だと痛感した失敗談です。

4:「テキサスリグ =ボトム」だと勘違いしていた

当時の僕は、テキサスリグをボトムで使うリグだと勘違いしていました。

いや、もちろんテキサスリグはボトムで使うリグではあるのですが、必ずしもボトムでの用途に限られたリグではないと僕は考えます。

テキサスリグはフォールで食わせたり、フォールで見せつつボトム着底後の1アクションで食わせる…といった使い方もできますが、当時の僕のように、季節問わず「とにかくボトムに落としまくれ」というのも考えものです。

例えば夏なら、バスは浮いていることが多いので、テキサスで野池を攻める場合、まずは表層でピチャピチャさせるか、〜0.5mくらいまで落として”吊るし”状態にしてシェイクして誘う…というような使い方が有効です。

テキサスリグはレンジが合ってさえいれば、虫系ワームのように水面でピチャピチャさせるだけでもバイトを得ることが可能です。

しかし当時の僕は、「レンジ(タナ、層)」の概念がなかったため、とにかくすぐにボトムまで沈めて使用していました。

テキサスリグの基本的な使い方としては間違っていないのですが、あまりにもボトムに固執していた(あるいは学習能力がないのか)かもしれません。

当然といえば当然かもしれませんが、水深が2m未満のシャロー野池ばかりで釣りをしていたので、表層も中層もクソもあるようでないようなものだと考えていたのです。

水深50cmでも反応が結構変わる、ということに気づいていなかったのです。

今となってはレンタルボートで水深10mとかを攻めたりもしますが、当時の僕はあまりにもレンジの概念が無さすぎました。

今なら当時の僕に「まずはその日のバスが、どんな水深にいるのかイメージしろ。表層なのか中層なのか、あるいはボトムなのか…テキサスを使ってバスに問いかけろ」とアドバイスします。

5:”タイミング”を理解できていなかった

スレまくった野池を攻略するためには、攻めるべきタイミングを見計らう意識が大事だと僕は考えています。

しかし当時の僕は、釣れそうな時間帯にとりあえずカバーにテキサスリグを打つ…みたいな行動をとっていました。

夕方はカバーに入るというより、どちらかというとバスが動く時間帯です。

にも関わらず「テキサスリグで釣るならカバーだよね」と言わんばかりに、ただただカバーを打ち続けていたのです。

当然、釣れません。

バスはマズメ時は動いているし(水質にもよりますが)、カバーにも依存している時間帯でもありません(水質などにもよりますが)。

●テキサス(カバー打ち)が有効になる”時間帯・状況”がある

野池でテキサスで釣るなら、シェードが形成される、日が出ている時間か、動いているバスに鉢合わせるようなイメージで、回ってくるバスの目の前に落とす…みたいな感じが良いです。

少なくともボトムばかりを狙うよりかは、バスの活性が高まって、トップ〜中層に浮いているのを予想して、”吊るし”で狙ったりスイミングさせたほうが、まだ可能性があります。

今の僕が当時の僕にアドバイスするなら、「バスがその瞬間、動いているのかジッとしているのかイメージしろ。天候と水質、時間帯によってバスの行動が変わることを学べ。バスも人間もリアルタイムで動くことを知れ。あとレンジ」といったところでしょうか。

【体験談】1年間300日、野池でテキサスリグで釣れなかったときに犯していた間違い|まとめ

今回は、僕が数年前にテキサスリグ修行を行なっていたときに行なっていた、間違った行動の失敗談について書いてみました。

もしこれから野池のバスをテキサスリグで狙おうと考えているなら、僕の失敗談を参考にしてみてもらえると、より釣果を伸ばせるかと思います。

☆カバー打ち関連をまとめたページはこちらからチェックできます↓


【関連記事】こちらも読んでみませんか?

 

【釣り番組5000本以上が見放題!】

●スマホ・PC・タブレットでいつでも見られる!

●毎月、新番組約100本追加!


今ならお試し14日間、無料

↓↓今すぐチェックしてみる↓↓

→バス釣り動画はこちら

 

Twitter