バランサーがないロッドの先重りを簡単に解消する方法


スポンサーリンク


長いロッドや重たいロッドにつきものなのが「ロッドの先重り」。

意図的に先重りのバランスを出しているロッドもあるが、長いロッドやアメリカ製のロッドには先重りバランスのものが多く、身体的な疲労感を感じやすかったりすることがある。

グリップエンドにバランサーがついているものであれば、その重量を変えるだけで先重り感は解消できるが、バランサーのついていないロッドについては「我慢」するしかない…というのが実情。

だが、僕個人としてはロッドの先重り感を感じるのが大嫌いなので、”とある方法”によって強制的にロッドの先重り感を解消するようにしている。

今回は「バランサーがないロッドの先重り感を簡単に解消する方法」を紹介しようと思う。
とても簡単なので、ロッドの先重り感にお悩みの方は試してみてほしい。

スポンサーリンク



バランサーがないロッドの先重り感を簡単に解消する方法

手順は非常にシンプル。

■用意するもの
・板オモリ
・養生テープ
・ラバーグリップ

■板オモリ

板オモリ。
ロッドの先重り感を解消するために、グリップエンドにこれを貼り付けてバランスをとる。

■養生テープ


養生テープ。
板オモリを直接グリップに貼ると、板オモリを剥がそうとした際にベチャベチャになる。
それを回避するために、板オモリを貼る前にグリップ保護の役割りとして養生を巻く。

ベタつきが気にならない人は不要。

■ラバーグリップ


ラバーグリップ。
熱すると収縮するため、板オモリ隠しとしてラバーグリップを短く切ったものをグリップエンドに装着する。
好みによって、手元までラバーグリップを装着してもよい。

「板オモリ丸出しでも気にならない」という人は使用しなくても良い。

太いグリップは40mmのものを使い、細いグリップなら35mmを使う。

・板オモリ
・養生テープ
・熱収縮するラバーグリップ

この3点を使って、ロッドの先重り感を解消する。

ロッドの先重り感を解消するための手順

まずはグリップエンドに養生を巻く。
板オモリをどのくらい乗せるかによって、養生の幅を決めていく。

ほとんどのロッドは4〜5cmほどの幅で良く、養生は1周させるだけでいい。

次に、養生を巻いた部分に「板オモリ」を貼る。

いつも僕がロッドの先重り感を解消するときに愛用しているのは、アクティブの板オモリ。
たっぷり量があるので、ロッドバランスを細かく調整できるのが嬉しい。

ミリ数によって重さが違うので、できれば0.5mm以上の厚さのものを選ぶのがおすすめ。

この板オモリを、養生した部分に貼る。

今回は、かなり先重り感がひどかったロッドのため、アクティブの板オモリを1枚全て使い切り、さらにもう半枚追加した。

板オモリを貼ったら、ラバーグリップを適量カットし、カットしたものをグリップエンドに通す。

そして、火で熱する。

このとき、ロッドをクルクルと回しながら熱すると綺麗にラバーが収縮し、見栄えが良くなる。

完成。

バランサーのないロッドの先重り感を簡単に解消する方法|まとめ

今回は、ロッドの先重り感を簡単に解消する方法を紹介してみた。

板オモリだけでロッドの先重り感は簡単に解消できるので、先重りに悩んでいる人は試してみてはいかがだろうか。

■ロッドの先重り感を解消するために必要なアイテム

・板オモリ

created by Rinker
アクティブ
¥510 2020/3/31 20:15:45

アマゾンで板オモリをチェックしてみる

・養生テープ


アマゾンで養生テープをチェックしてみる

・ラバーグリップ


アマゾンでラバーグリップをチェックしてみる

■手順
・養生テープを巻く。
・板オモリを貼る。
・ラバーグリップを巻き、熱する。

スポンサーリンク



 

不要な釣り具を売るなら!

【出張料金・宅配キット・返品送料すべて無料!】




★売値を30分以内にご回答!

★カンタン5分で無料メール査定!

※いまなら買取強化中!高価買取実施中!

→今すぐ釣具の買取査定をしてみる!

 

Twitter