【初心者向け】バスロッドのmh(ミディアムヘビー)パワーの用途

今回は「バスロッドのmhパワーの用途」について解説していく。

L、M、Hといったパワーは用途がハッキリしていて目的も分かりやすいが、MH(ミディアムヘビー)というロッドは、用途が分かりにくいと感じる人もいるかもしれない。

Q. MHロッド、いる?

A. 絶対に必要です。

【関連記事】ヘビーバーサタイルなロッドをまとめた記事↓

バスロッドのmh(ミディアムヘビー)パワーの基礎知識

一般的に、MHパワーのロッドの用途として、以下のようなものだと言われている。

【バスロッドのMHパワーの用途、基礎知識】

●7~28g程度のルアーを扱うのに長けているパワー。
→1/2~3/4oz程度のスピナーベイト、チャターベイト、スイムベイトなど
→1/4~1/2oz程度のテキサスリグ、ラバージグなど

●ヘビーロッドだとオーバーパワーだけど、ミディアムパワーだとパワー不足だと感じるときに使用する。
→ライトカバー打ち
→障害物(ウィード、アシやガマ、ウッドカバーなど)が多い場所で軽・中重量ルアーを使用するとき

バスロッドのMHパワーは、「オカッパリで最も使用頻度が高い」と言われている、10~20g程度のルアーよりも、もう少し重いルアーを扱うのに長けている。

【関連記事】H(ヘビー)パワーの用途は、以下の記事で読むことができます↓

MHパワーのロッドでバランスがとれるセッティングは?

バスロッドのmhパワーでは、主に以下のようなセッティングで使用される。

●フック軸の太さが1/0〜6/0くらいまでのワームの釣り(テキサスリグ やジグ、シャッドテールなど)。

●フロロライン14〜16ポンド、ナイロン16〜20ポンドくらいまでの釣り。

mhパワーは、フロロ14~16lbくらいの太さを使う釣りに向いている。

例えば、以下のような釣りにmhが使われる。



●5/0フックを搭載したシャッドテールワーム

●ライトカバー打ち(5~10gのテキサスリグ、ラバージグなど)

●スイムジグ

●大きめのトップウォータープラグ

といった、「Mだと重い、Hだと硬すぎて微妙」みたいな時にmhを使う。

Mパワーでは重いしフッキングも決まらないけど、かといってHパワーだとオーバーパワー

こんなときは、mhロッドの出番である。

補足:バスロッドのパワーを選ぶときの基準

バスロッドのパワー選択の基準となるものは、以下のようなもの。

・ルアーのフック軸の太さ

・魚との距離

・ラインの太さ

・ルアー重量

・障害物の多さ

バスロッドのパワーを選ぶときには、上記の要素を考慮しながら、用途・目的から逆算してロッドパワーを選んでいく。

補足:ルアーの大型化による、ヘビーロッドの需要増

近年は、羽モノやシャッドテール・スイムジグなど、釣り人の使うルアーがやや大型化している。

そのため、ミディアムパワーのロッドだけだと使いにくいと感じる場面も増えてきた。

羽根モノ、軽量スイムジグやシャッドテール、といったやや大きめのハードルアーは、mhロッドを使用したい。

MH(ミディアムヘビー)パワーの用途

ここからは、もう少し詳しくmhパワーの用途について書いてみる。

【バスロッドのMHパワーの用途】

1:ちょいヘビー級の巻物ルアー

2:ライトウエイトな打ち物ルアーを使ったカバー打ち

3:ちょいヘビーバーサタイルとして使用する

mhのバスロッドの用途その1:ちょいヘビー級の巻物

mhパワーのロッドは、フック軸がだいたい1/0〜5/0くらいまでのものに使うことが多い。

例えば、スイムベイト、シャッドテールワーム、スイムジグといった、巻物系ルアーのちょいヘビー級な釣りに使う。

フック軸が太くなる5/8~1ozくらいのスピナーベイトやチャターベイトなどにも、mhパワーを使う。

フック軸が3/0以上の太さになってくると、ミディアムパワーではフッキングミスが多発したり、そもそもフッキングが出来ないといったトラブルも生まれる。

フックが大きいルアーは、mhパワーを使うのが一般的だ。

mhのバスロッドの用途その2:ライトカバー周り(カバー打ち)

カバーの奥の奥を打つならヘビーロッドが選ばれるが、ライトウエイトのルアーをカバーに打つならmhの方が使いやすい。

例えば、

3.5~7g程度のライトシンカー+3~3.5インチの小型ワームを、カバーに絡めて使う

みたいな釣りを行うなら、MHロッドの方が格段に使いやすい。

●「ヘビーロッドを出すほどのカバーじゃないな」というときもmhロッドの出番

MHパワーのロッドは、ヘビーカバー(濃い目のカバー)ではなくライトカバーにも使われる。

例えば、細い小枝が少し水中に入ってるカバーだとか、カバーの外側だけを打つような時にはMHの方が快適。

ライトなカバーの手前側にポンポンとテキサスリグなどを撃つようなときは、MHロッドの出番である。

が、多くの人はライトカバーにもヘビーロッドを兼用して使うことが多いため、カバー打ちでMHロッドを使う人は少ない。

しかし、もし「ライトテキサス、3~3.5インチのホッグワームを使ったライトカバーフィッシング」みたいな釣りを快適に行いたいなら、MHロッドを使用するのがおすすめだ。

mhのバスロッドの用途その3:ちょいヘビーバーサタイル

mhロッドは、大体10g~35gくらいまでのルアーを幅広く扱えるパワーバンドだ。

M(ミディアム)パワーのタックルよりも、ちょい重いルアーをバーサタイルに使えるのでオカッパリで1本だけ持ち歩くようなスタイルにも向いている。

特に近年は、1oz前後のやや重いルアーが人気になったりするので、MHロッドは1本持っておいても損はないパワーバンドだ。

例えば、以下の記事でインプレしている6.6フィートのMHロッドは、野池や霞ヶ浦のオカッパリからレンタルボートまで幅広く扱えるのでおすすめだ↓

mhロッドのカバー打ち。ちょいマニアックな話。

スレたフィールドで釣りをする際、ヘビーロッドだとウィードやカバーをダイレクトに揺らしてしまい、タフな魚に嫌がられてしまうことがある。

「アシやガマ、草木、細いウッドカバーをちょろっと揺らしただけで、もう食わない」みたいなこともあるので、そのようなときにもmhロッドを使ったりする。

ヘビーロッドで「テキサスやジグをカバーに引っ掛けてシェイク」…というようなことも良くやるテクニックだが、ライトなカバーだと一緒に枝も揺らしてしまいがち。

枝などのライトカバーを不必要に揺らさないようにしたり、ルアーをウィードに絡めたときに「ソフトタッチで外す」といった狙いを持ちたいときには、MHパワーを選ぶ。

●ウィードやオダなどから、ルアーをブチ抜いていていく。強引にブチ込んで、ガッツリ動かす→Hロッド

●カバーに対してソフトに、モワ〜っと絡めていきたい。繊細なタッチで食わせたい→MHロッド

こういう使い分けもネタとして持っていていいと思う。

Mパワーだとカバーに食い込んで揺らしすぎてしまうし、Hロッドだとルアーがカバーから離れすぎてしまう…といったときにMHロッドを使うのも面白い。

ちなみに、上記のようなマニアックな操作を可能にするのが、以下の記事でインプレしているロッド
底物・打ち物系の釣りをやり込みたい人
にもおすすめなアイテムである↓

【初心者向け】バスロッドのmh(ミディアムヘビー)パワーの用途|まとめ

今回は、「【初心者向け】バスロッドのmh(ミディアムヘビー)パワーの用途」について、僕個人の体験談と一般論を交えて解説してみた。

この記事で書かれていることをまとめると、以下のような感じになる。

【バスロッドのMHパワーの基礎知識】

●mhパワーは、7~28g程度のルアーを扱うのに長けているパワー。
→1/2~3/4oz程度のスピナーベイト、チャターベイト、スイムベイトなど
→1/4~1/2oz程度のテキサスリグ、ラバージグなど

●ミディアムヘビーロッドは、ヘビーロッドだとオーバーパワーだけど、ミディアムパワーだとパワー不足だと感じるときに使用する。
→ライトカバー打ち、ライトウエイトルアーを使用したカバー打ち
→障害物(ウィード、アシやガマ、ウッドカバーなど)が多い場所で軽・中重量ルアーを使用するとき
 

【バスロッドのMHパワーの主な用途】

1:ちょいヘビー級の巻物ルアー
→3/8~1ozくらいのスイムベイト、スピナベ、チャター、バズ、スイムジグ、トップ(羽根モノ)など。

2:ライトウエイトな打ち物ルアーを使ったカバー打ち
→ヘビーロッドを出すほどでもないレベルのカバーに。
→ライトウエイトなルアーをカバーに打ち込みたいときに。

3:ちょいヘビーバーサタイルとして使用する
→オカッパリのちょいヘビーバーサタイルなロッドとして。
「ダッジ」などの人気ルアーを投げたいならmh。

実は僕、バス釣り初心者の頃は「mhパワーなんていらなくね?MとHでいいじゃん」とか思っていた。

しかし実際にmhのバスロッドを使ってみると、その用途が実は理にかなっているものであると痛感させられた。

mhのバスロッドはおかっぱりでも「ヘビーバーサタイル」として使いやすいので、おかっぱり用タックルの1本として、mhロッドは持っておきたいアイテムだ。

以下の記事にオカッパリのヘビーバーサタイルなロッドをまとめておいたので、よかったらこちらもチェックしてみてほしい↓

【関連記事】よかったらこちらの記事も読んでみませんか?