【初心者向け】バスロッドのmh(ミディアムヘビー)パワーの用途

バス釣り用のロッドには様々なパワーがある。
一般的には、ミディアムはオカッパリなどでよく使われる10g前後のルアーに適している。
ヘビーロッドは1オンス前後のルアー、あるいはカバー撃ちに適している…と言われている。

これらは用途がハッキリしていて目的も分かりやすい。
しかし、MH(ミディアムヘビー)というロッドは、人によってはやや用途が分かりにくいこともある。

というわけで今回は「バスロッドのmhパワーの用途」について、僕個人の観点でお話ししてみようと思う。

[スポンサーリンク]



【初心者向け】バスロッドのmh(ミディアムヘビー)パワーの用途

一般的にMHパワーのロッドの用途として多いのは、5インチ前後のシャッドテールや、18g〜28g程度のルアーを扱うときに出番が多いパワー。

mhパワーのバスロッドは、パワー選択に慣れてない人にとってはよくわからない中途半端な存在のロッドかもしれない。
しかし、用途と目的さえ理解すれば、なくてはならないロッドパワーであることに気がつくと思う。

まず初めに、バスロッドのパワー選択の基本について。

それは以下のようなもの。

■バスロッドのパワー選択の基準となるもの
・ルアーのフック軸の太さ。
・魚との距離。
・ラインの太さ。
・ルアー重量。
・障害物の多さ。

こんな感じで、バスロッドのパワーを選ぶときにはこういった要素を考慮しながら、逆算してロッドパワーを選んでいく。

mhパワーというと、Mロッドのように普通な感じでもないし、かといってHロッドのように強いわけでもない。

じゃあ一体何に使うのよ?って感じだが、僕個人の考えとしてはMHロッドの用途はこういった感じ。

■バスロッドのmhパワーの用途
・フック軸の太さが1/0〜4/0くらいまでのワームの釣り(テキサスリグ やジグ、シャッドテールなど)
・フロロライン14〜16ポンド、ナイロン16〜20ポンドくらいまでの釣り。
・カバーの手前にポンポンとテキサスリグ などを落としていく釣り(ライトカバー)
・ルアー重量が15g〜28gくらいまでのものを使った釣り。

これはあくまで僕個人の感覚だが、M(ミディアム)ではややパワー不足だし、H(ヘビー)だと強すぎて扱い辛いよね…というようなときに、mhパワーのロッドを出すことが多い。

補足:ルアーの大型化
近年は羽モノやシャッドテール・スイムジグなど、使うルアーがやや大型化しているので、ミディアムパワーのロッドだけだと使いにくいと感じる場面も増えてきた。
特に軽量スイムジグやシャッドテール、やや大きめのハードルアーはmhロッドがハマるので、mhロッドはこういったルアー用途で選ぶのが良いと思っている。

mhのバスロッドの用途その1:フック軸の太さで決める

僕はmhパワーのロッドは、フック軸がだいたい1/0〜4/0くらいまでのものに使うことが多い。
テキサスリグ や直リグ、フリーリグでよく使われるのは、ホッグワームの3〜4インチ程度のもの。
そういったワームのフックには大抵は1/0〜3/0くらいまでのフックが使われる。

カバー撃ちなどでカバー越しにフッキングしなければならないようなシチュエーションではヘビーロッドが必要。
だが、わりとオープンな場所で1/0〜3/0くらいまでのフック軸のルアーを使うならmhパワーのロッドを使う。
ハードではなく、細い小枝が少し水中に入ってるソフトカバーに撃つ釣りに使ったり、そういったライトなカバーの手前側にポンポンとテキサスリグ などを撃つようなときにも使う。

カバーの濃さに合わせる感じ。めんどくさいときはヘビーロッド一本でやる。が、シャッドテールなど、やや重量があるけどヘビーロッドだとカッタるいよねってときにもMHを使う。

「そうは言っても、そんなに何本も持てないべ」という場合は、ヘビーロッドでも十分対応できる。

が、シャッドテールやライトテキサスやライトジグ、ポンパドールなどのやや重いルアーにはMHが抜群にハマる。

[スポンサーリンク]



mhのバスロッドの用途その2:ルアー重量で決める

じゃあ別にmhロッドいらなくね?って感じだが、ルアー重量が20g前後のものを最も快適に扱えるのがmhロッドの良いところ。
ほとんどそれがmhのバスロッドのアイデンティティと言っても良いかもしれない。

例えばシャッドテール。
4〜5インチ程度のややバルキーなシャッドテールを使う場合、フック軸が4/0〜7/0くらいまでのものを使うことになる。

果たしてMパワーのロッドで、4/0 以上のごん太なシングルフックを、デカバスの硬い口に貫通させることができるだろうか?
出来たとしてもバラす確率が高くなったり、上手にフッキングが決まらなくて「バイトはあるのにノラない」といったトラブルも頻発する(実体験)。

ということで、やや太いフック軸を使ったシャッドテールや、大きめのスピナーベイト 、ラバージグなどにはmhパワー以上のロッドが必要になるのである。

mhのバスロッドの、もうちょい専門的な話

ヘビーロッドだとウィードやカバーをダイレクトに揺らしてしまい、タフな魚に嫌がられてしまうことがある。

ヘビーロッドで「テキサスやジグをカバーに引っ掛けてシェイク」…というようなことも良くやるテクニックだが、ライトなカバーだと一緒に枝も揺らしてしまいがち。

枝などのライトカバーを不必要に揺らさないようにしたり、ルアーをウィードに絡めたときに「ソフトタッチで外す」といった狙いを持ちたいときにはMHパワーを選ぶ。

ウィードやオダなどからルアーをガッとカットさせたいか?→Hロッド
それともソフトにモワ〜っと絡めていきたいか?→MHロッド

こういう使い分けもアリ。
Mパワーだとカバーに食い込んで揺らしすぎてしまうし、Hロッドだとルアーがカバーから離れすぎてしまう…といったときにMHロッドを使うのも良い。

【初心者向け】バスロッドのmh(ミディアムヘビー)パワーの用途|まとめ

今回は「【初心者向け】バスロッドのmh(ミディアムヘビー)パワーの用途」について、僕個人の解釈でお話してみた。

■mhのバスロッドの用途まとめ
・18g〜1オンスくらいのルアーの扱い心地が良い。
・ライトなカバーに撃つ釣りに使う。
・1/0〜4/0くらいまでのフック軸のルアーに使う。
・ライトヘビーバーサタイルに使う。

僕自身も、バス釣り初心者の頃は「mhパワーなんていらなくね?MとHでいいじゃん」とか思っていたが、実際にmhのバスロッドを使ってみると、その用途が実は理にかなっているものであると知ることができた。

mhのバスロッドはおかっぱりでも「ライトヘビーバーサタイル」として使いやすいので、おかっぱりの1本としても重宝する。

1/2オンスくらいのスピナーベイトやバズ、テキサスやジグ、1オンス級のデカいハードルアーなどなど、mhロッドは意外とおかっぱりでも使いやすい。

mhのバスロッドの用途と目的を把握すると、自分の釣りの幅が広がるからおすすめ。

[スポンサーリンク]



【関連記事】よかったらこちらの記事も読んでみませんか?

 

【釣り番組5000本以上が見放題!】

●スマホ・PC・タブレットでいつでも見られる!

●毎月、新番組約100本追加!


今ならお試し14日間、無料

↓↓今すぐチェックしてみる↓↓

→バス釣り動画はこちら

 

Twitter