退屈な日々に刺激と癒しをもたらすおすすめの男の趣味、バス釣り。その理由について

ブラックバスという魚をルアーという疑似餌で釣る「バス釣り(バスフィッシング)」という趣味がある。
かれこれバス釣りを始めてから20年以上の月日が経つが、今も楽しんで取り組んでいる。

ブラックバスという魚はここ日本では外来魚として有名で、世間の風当たりも強い魚であるがそんな「ブラックバス」という魚をルアーで釣る、バスフィッシング。

世間的にも嫌われ者だし、バス釣りをする人(アングラー、バサー)はバッシングを浴びやすいが、それでも僕はまだバス釣りを続けている。タバコとジャンクフードは簡単にやめることができたが、バスフィッシングだけはやめられずにいる。

業界自体も下落気味だし、釣具屋さんだってどんどん閉店していく。ほとんどお先真っ暗の日本のバスフィッシング。
では、なぜ僕が衰退する一方のバス釣りという趣味を今だに続けているのか?

それは、前述したネガティブなイメージを一掃してしまうくらいの魅力が、バスフィッシングにはたくさん詰まっていると感じているからだ。

[スポンサードリンク]



バスフィッシングの魅力とは?退屈な日々に刺激と癒しをもたらす最高の趣味、バス釣り。


今回は、「バスフィッシングの魅力」についてお話していこうと思う。

これからバス釣りを始めようかと興味を持っている人や、あまりの釣れなさ具合に心折れてしまって辞めようか考えいている人、過去にバス釣りをやっていたけど復帰しようか考えている人などに、その魅力が伝われば嬉しい。

■バスフィッシングのココが魅力!
・プラスチックのルアー(疑似餌)で魚を釣る。
・マイ釣具、釣り道具を使うのが楽しい。
・女性ウケが良い。
・将棋・ゲームのように戦略性が高い。
・自然の中で日々のストレスを洗い流せる。

プラスチックのルアー(疑似餌)で魚を釣る。

バス釣りという趣味は、「ルアー」と呼ばれる疑似餌を使ってブラックバスを釣る遊びだ。


プラスチック製の味も匂いもない物体を、釣り人が自分の意思で操って魚を釣る。これがバス釣り・ルアーフィッシング。

ルアーにはリアルな見た目のものから、小魚の姿とはかけ離れたオモチャみたいなものまで幅広くあり、釣り人側が好きなものを選んで遊ぶことができる。


こんなリアルな造形のルアーもあるので、コレクションのように集めて眺めるのも楽しい。

こういった可愛いデザインのルアーもある。見た目に反してよく釣れるルアー。女性ウケもよい。

■好きなスタイルで遊べる

バスフィッシングには様々なスタイルがあるのも特徴だ。

スマホ以上に大きなサイズのルアーもある。こんなデカい物体のルアーを使って、大きいブラックバスを釣り上げる豪快な”デカバスハンター”のスタイルを楽しむのも良い。

また、豪快にリールをグルグルとテンポよく巻き上げて誘ってくる”巻物(まきもの)スタイル”を楽しんだり、

小さなワームを使って、繊細で高度なテクニックを駆使してバスを釣り上げる”フィネス(技巧的)”スタイルを楽しむ…

などなど、一口に「ルアー釣り」と言っても様々なスタイル・ルアーが存在するため、人の数だけ釣り方が存在する。

釣り方には決まったルールなんてないし、正解も不正解もない。
何なら好きなルアーだけ好きなように投げて、釣果など無視して遊んでいたって構わない(実際それだけでもかなり楽しい)。

トーナメントで上位入賞を狙って釣果を優先してもいいし、誰とも争わず好きなルアーと道具だけを愛でるような取り組み方をしたって構わない。
自分に合った釣り方・スタイルで自由に取り組めるのがバスフィッシングの魅力だ。

[スポンサードリンク]



マイ釣具、釣り道具を選ぶ・使うのが楽しい。

バスフィッシングにはルアーの他に、「ロッド」と呼ばれる釣竿と、ルアーを投げる&回収するのに必要な「リール」と呼ばれる道具が必要になる。

ロッドとリールには様々なメーカーから、色んなデザイン・素材・性能のものが発売されていて、そういった道具を自分好みに組み合わせていく「道具選びの楽しさ」もバスフィッシングの魅力である。

例えば、一口に「ロッド」といっても様々な違いがある。

デザイン・長さ・硬さなどが全然違ったりするから、自分の目的・好みに合った道具を選んでいく楽しみもある。

【関連記事】

リールも各メーカーによって違いがある。

リールの種類によって「大きさ、頑丈さ、性能、価格」などには違いがあるから、スペック・デザイン等の違いを楽しめるのもリール選びの楽しみに繋がる。

中には、リール内部に「デジタルコントロール」と呼ばれるハイテクな精密機器が搭載されているモデルもある。初心者でもトラブルなく簡単にバス釣りを楽しむことができるようなリールなので、こういった道具を使えばバス釣り初心者の人でも問題なく楽しむことができる。

【関連記事】

ロッドとリール、こういった道具を好きなように選んで、自分好みに組み合わせていく。
気に入った道具を使って、大自然の中で大好きなルアーを投げる…これもバスフィッシングの魅力だ。

子供の頃に好きなオモチャで遊んでいた感覚に似ているので、シビアな大人の世界に疲れ果ててしまった人にもバス釣りの道具遊びはおすすめだ。

意外と女ウケが良い。

これは僕個人の経験談になるが、女性に「バスフィッシングをやっている」と話すと結構ウケが良い。「えー!私もやりたい!」みたいな流れになってデートに…というパターンもよくあるので、バス釣りはデートネタとしてもおすすめできる。

また、アウトドア趣味であるバス釣りは、デートのマンネル打破としても活用できる。

空気の綺麗な湖でボートに乗って、2人仲良くルアーを投げる…みたいなアウトドア趣味はデートネタとしてはもってこい。デートのマンネリ化を打破するにもバス釣りはおすすめだ。

既婚者の人でも、夫婦で一緒にバス釣りを始めたら会話が増えていき、自然と夫婦関係が良好になる…という話もたびたび耳にする。「夫婦関係を改善させるために共通の趣味を持つ」という意味でも、バス釣りはおすすめできる趣味だと言える。

また、バス釣りはルアーを使うので、海のエサ釣りのようにウネウネと気持ち悪い虫餌に触れる必要もないし、ルアーは見た目的にも「可愛い♪」なんていうような評価を受けやすい。

バスフィッシングは女性ウケがいいので、デートのネタ・夫婦関係改善を目的にバス釣りを始めてみるのも良いと言える。

将棋・ゲームのように戦略性が高い。

ブラックバスという魚は季節ごとに決まった動きをする魚で、その動きに合わせていくゲーム性があるのも魅力だ。


過去に釣れた状況と同じようなシーンに出くわしたら、そのときと同じ釣り方をすると高確率で釣れることがあるため、バス釣りは非常に再現性が高い遊びなのだ。

今自分が置かれている状況を冷静に判断し、その瞬間のバスの行動や環境を分析して、釣り人はそれに合った行動をしていく…といった、まるで「狩り」でもしているかのような気分になれる。
将棋やオセロ、対戦ゲーム、トランプみたいに、バスフィッシングは自分の戦略的思考が試されるゲームなのである。

また、日々の仕事に疲れている人は休みの日にも嫌なことを思い出してしまいがちだが、バス釣り中は戦略的思考やルアー操作の方に意識が集中するので、仕事の存在も忘れられる。
将棋のような戦略性・ゲーム性に夢中になってストレス発散ができるのもバス釣りの魅力と言える。

自然の中で日々のストレスを洗い流せる。

雑多で忙しい仕事の毎日でヘトヘトになったり、刺激のない退屈な日々を過ごしているなら、バスフィッシングはかなり気分を変えてくれるだろう。

・普段の都会のオフィスでは感じられない大自然の空気と温もり
・大自然の中で行う、魚とのファイト

…などなど、日々の疲れや退屈を吹き飛ばしてくれる要素がバスフィッシングには盛り沢山。

車の排気ガス、神経を疲労させる人間関係に疲れてしまったら、ぜひ1度大自然の中に飛び込み、無心になってルアーを投げてみてもらいたい。
バスフィッシングを通して、今まで感じたことのない喜びと感動を体験できるだろう。

バスフィッシングの魅力とは?退屈な日々に刺激と癒しをもたらす最高の趣味がバス釣り|まとめ

今回は「バスフィッシングの魅力」について話してみた。

ブラックバスという魚は外来魚としてバッシングを浴びやすいのは事実だが、その釣り場・都道府県のルールをしっかり守って行うなら何ら問題ない趣味だ。

狩猟を趣味にするハンターがしっかりとルールとマナーを守り、ライセンスを所有して楽しんでいるのと同じように、ブラックバス釣りもそういったモラルを尊重して取り組めば問題ない趣味である。

バス釣りは世間的にもアングラな趣味になってきているが、僕個人としてはバスフィッシングほど魅力がたくさん詰まった趣味は存在しないと思っている。

・好きな道具を選ぶ
・ルアーを投げる
・魚との駆け引きを楽しむ

こういった様々な要素が盛り沢山に詰まっているのが、バスフィッシングの魅力だと僕は思っている。

もし日々の生活に退屈していて何か新しい趣味を始めたいと思っているなら、バスフィッシングを始めてみてはいかがだろうか?
大自然の中で一人きりになって、綺麗な空気を吸い、愛しい道具を使って魚と遊ぶ…バスフィッシング、最高ですよ。

【関連記事】もしバスフィッシングに興味を持たれたのなら、以下の記事も読んでみてほしい。道具選びの参考にどうぞ↓

[スポンサードリンク]



 

【釣り番組5000本以上が見放題!】

●スマホ・PC・タブレットでいつでも見られる!

●毎月、新番組約100本追加!


今ならお試し14日間、無料

↓↓今すぐチェックしてみる↓↓

→バス釣り動画はこちら

 

Twitter