【エスケープツイン インプレ】僕が10年以上愛用している、ノリーズのおすすめワーム。強いアピールでデカバスを誘う人気ルアー。

テキサスリグや直リグ、ラバージグのトレーラーなどに人気のホッグワーム、ノリーズ『エスケープツイン』。
伊藤巧さんの人気の影響や口コミで人気に火がつき、現在も品薄状態が続いている人気ワーム。僕もこのワームが大好きで、数十年ほど前から愛用している。

そんなノリーズの『エスケープツイン』だが、その魅力についてレビュー・インプレしていこうと思う。

■ノリーズ『エスケープツイン』の好きなトコロ
●サイズ感が良い。
●重量感があり使いやすい。
●汎用性が高い。

品薄で人気、強いアピールで誘うノリーズの『エスケープツイン』

これが今回紹介するノリーズのエスケープツイン。

エスケープツインはノリーズからリリースされているホッグワームで、発売されてから10年以上経つベストセラー商品。

大きめの爪、4.5インチのボリューム感が特徴で、テキサスリグや直リグ、ラバージグのトレーラーなどで愛用している人が多い。

エスケープツインの大きさ

エスケープツインは4.5インチとややバルキーだが、このボリューム感のおかげで水を動かす力が強く、デカバスを惹きつける力が強い。

近年のテキサスリグでよく使われるワームと比較すると、エスケープツインは大きめサイズであることがわかる。

僕個人としてはエスケープツインのようなバルキーなワームは、フィールドが濁ったときやバスの活性が高いとき、デカい魚を釣りたいときなどに投入することが多い。

個人的補足:【小バスも普通に食ってくる】
エスケープツインはやや大きいワーム。そのわりは小さいバスも普通に食ってくるので、出番はとても多いワームだ。
カバーに入った魚は、ワームが大きくても結構簡単に口を使ったりすることを覚えられたのはエスケープツインのおかげである。
広大なフィールドをテンポよく探っていくのには、エスケープツインくらいボリュームがあったほうが楽だったりする。サーチベイトとしても使いやすい。

やや重めだから扱いやすい

エスケープツインは約11gあるから、キャストがしやすいのが魅力。

テキサスリグや直リグ、ジグのトレーラーで出番が多いワームだから、ピッチングを快適に行うことができる重量感がお気に入り。

近年のロッドに多い”超高感度なキンキンの硬いヘビーロッド”でピッチングしていても、エスケープツインの重量によるキャストのしやすさはありがたいと感じている。

色んな使い方ができる

エスケープツインは実に様々な使い方ができる。

テキサスリグや直リグだけでなく、ラバージグのトレーラー、ネコリグ、ヘビダン、キャロライナリグ、スピナーベイトのトレーラーなど、使い方が豊富なのが特徴。

個人的補足:【雨上がりのワッキー】
6月の梅雨、雨上がりの朝にノーシンカーワッキーでトゥイッチ&ポーズで、雨でテンション上がって喜んでるザリガニを演出してみたところ、同じスポットで爆釣したことがある。
マンネリ打破で、こういったテクニックを試してみるのも面白い。

品薄で人気、強いアピールで誘うノリーズの『エスケープツイン』|まとめ

今回は僕が昔から愛用しているノリーズのワーム『エスケープツイン』を紹介してみた。

最近は少しずつではあるが入手しやすくなってきたと感じているので、まだ使ったことがない人はぜひチェックしてみてほしい。

[スポンサードリンク]