【トラウトワン AS S60 SUL-F インプレ』シマノのおすすめ菅釣り用スピニングロッド。何でも投げれちゃうから便利。

管理釣り場でニジマスを釣りたい。
でもまるっきり初心者だから、とりあえず一通り使えそうな菅釣り用ロッドが欲しい。
そんなことを考えていたときに出会った、シマノの『トラウトワン AS S60 SUL-F 』。

菅釣りでよく使われるルアーを問題なく投げることができ、大物がきても安心できるパワーがあるから、僕のような菅釣り初心者でも問題なく扱うことができる点が気に入っている。

購入してから1年ほど経ち、実際に何度か使ってみたのでインプレ・レビューしてみる。

■シマノ『トラウトワンAS S60SUL-F』のココがGOOD!
・汎用性が高い。
・大物が掛かっても負けないパワー。
・所有感。
■シマノ『トラウトワンAS S60SUL-F』のココが残念;
・特になし。


シマノ(SHIMANO)ロッド トラウトワンAS S60SUL-F

アマゾンでチェックしてみる

楽天でチェックしてみる

[スポンサードリンク]



初心者にも使いやすい、シマノの管釣りロッド『トラウトワン AS S60 sul-f』

これが今回紹介するシマノの菅釣りロッド『トラウトワン as s60 sul-f』。
僕のような菅釣り初心者でも扱いやすく、難しいテクニックを行わなくてもオートマティックにフッキングしてくれるので助かっている。

ちょっとした大物が掛かったときでも力負けしないパワーがあるので、初心者でも安心して使うことができる。

スペック

シマノ『トラウトワン S60SUL-F』

全長(m):1.83
継数(本):2
仕舞寸法(cm):93.8
自重(g):70
先径/元径(mm):1.4/7.0
適合ルアーウエイト(g):0.5~4
適合ライン(ナイロンlb):1.5~4
カーボン含有率(%):96.2
本体価格(円):18,000

価格は18,000円と比較的リーズナブルだがアマゾンだと14,000円程度で購入できる。買うなら断然ネット通販のほうがお得。

シマノ(SHIMANO)ロッド トラウトワンAS S60SUL-F

アマゾンでチェックしてみる

楽天でチェックしてみる

『トラウトワン AS S60 sul-f』の外観・デザイン

外観はこんな感じ。EVAとコルクが使われたセパレートグリップ、力強いハイパワーXのブランクス、何でも投げられるしなやかな曲りが特徴なロッド。

グリップはセパレートになっていて、ラインを見ながらロッドを高く構えるフォームの邪魔にならない。

高い強度を備えているCI4+素材が使われたグリップ。握り心地が良い。

バットロゴ周り。『TROUT ONE AS』のシンプルなデザインと、スペックが書かれているオシャレな自体がカッコいい。

ガイド。

「印龍継ぎ(インロー継)」が使われた接続部分。ブランクス1本分とほぼ同じ工程で造られる中空構造になっていて、美しいベンディングカーブを描くのが特徴。

しなやかで美しく、まるでワンピースのような曲りを描く。

ソフチューブトップと呼ばれる、敏感なアタリを捉えるチューブラー穂先。感度が高いのが特徴で、魚のアタリを弾かず巻き合わせが決まりやすいのが特徴のティップ。

[スポンサーリンク]



『トラウトワン AS S60 sul-f』を実際に使ってみて

初めての管理釣り場での釣りで、右も左もわからないド素人だった僕。
スプーンは何gを使えばいいのかすら知らない僕のような初心者でも、このロッドを使って菅釣りを楽しむことができた。

スプーンは0.5〜4gまで一通り投げることができるし、デカいマスが掛かったときも強いバットパワーで力負けすることもない。

コルクグリップ、バット付近に書かれたロゴ、グリップエンドからフォアグリップにかけての高級機種のようなデザインもカッコよく、所有感も満たされるので、買ってよかったと思っている。

シマノ『トラウトワン AS S60SUL-2』のGOODなところ

ここからは、実際にシマノ『トラウトワンas sul-f』を使ってみて「特にココがよかった!」と思った点を挙げてみる。

●汎用性が高い。
●大物が掛かっても負けないパワー。
●所有感。

大体のスプーンが使えるから汎用性が高い

0.8〜4gくらいまでのスプーンを問題なく投げられるので、僕のような初心者で「とりあえず色々使って試したい」と思っている人なら満足できる。

個人的には1.5g〜3.5gくらのルアーが、最も気持ちよく投げられるウエイトだと感じた。
スプーンだけでなくクランクやミノーなどのプラグも扱いやすい。

シマノの『トラウトワン AS S60SUL-F』は、1本で何でも投げたいと思っている人にも向いていると感じた。

大物が掛かっても力負けしないから不安がない

小物が多い菅釣りではしなやかな曲りを楽しませてくれるが、大物が掛かったときも力負けすることがない。
40m以上の大きいマスが掛かったときも、ロッドを持っていかれるような感覚がない。

バットにパワーがあるので、その場にグっと踏ん張ってくれるような印象があり、ドラグ設定さえ間違わなければ大物とのファイトも余裕を持って行うことができた。
パワー表記はSULだが、トルクはLパワーくらいあるんじゃないかとさえ思わせてくれたファイト感に、思わず頬が緩む。

小マスからデカマスまで、色んなサイズの魚とのファイトを楽しませてくれるので、使っていて飽きないロッドだ。

高級感のあるデザインで、所有感を刺激する

EVAとコルクを織り交ぜたグリップ、バット周りのロゴデザイン、スペック表記の字体などのデザインが高級感を感じさせてくれて気に入っている。

ブランクスにはハイパワーXのカーボンシートがX状に巻かれているので、安物ロッドにありがちな貧相な印象が見受けられないのもポイント。

デザイン性が良いロッドなので、もしこれから中・上級者とステップアップしていったときにも長く使っていけるロッドだと感じている。

『トラウトワン AS S60 sul-f』の残念なところ

シマノ『トラウトワンas S60SUL-F』を使っていて問題だと感じる部分は、僕のような初心者には見当たらなかった。
ピンポイントに投げるのも苦にならない長さだし、菅釣りでよく使うルアーウエイトも問題なく投げられるし、遠投性もまずまず。

ラインナップにあるS57だと短すぎると感じるし、かといってS66だと長すぎる気がする。じゃあ間をとってとりあえずS60にしようということで購入してみたが、どんなフィールドでも問題なく扱えるから買って良かったと思っている。

しいて弱点を挙げるとすれば、4gを超えるような大きめのスプーンを使って大物狙いをするには向いていないロッドだということくらいか。

シマノの菅釣りスピニングロッド『トラウトワン AS S60 sul-f』|まとめ

今回はシマノの菅釣りロッド『トラウトワン as S60SUL-F』をレビュー・インプレしてみた。

管理釣り場でよく使われるルアーは問題なく投げられるし、大物がきてもパワーがあるから僕のような初心者でも安心して扱うことができる。
もしこのロッドが気になっていたらチェックしてみてほしい。


シマノ(SHIMANO)ロッド トラウトワンAS S60SUL-F

アマゾンでチェックしてみる

楽天でチェックしてみる

[スポンサードリンク]



 

不要な釣り具を売るなら!

【出張料金・宅配キット・返品送料すべて無料!】




★売値を30分以内にご回答!

★カンタン5分で無料メール査定!

※いまなら買取強化中!高価買取実施中!

→今すぐ釣具の買取査定をしてみる!

 

Twitter