真冬に手から汗をかく!?メジャークラフトの冬用グローブ『チタングローブ』が極暖すぎた。レビュー・インプレ。

毎年の冬にめちゃくちゃお世話になってる、メジャークラフトの『チタングローブ』。

これがマジで極暖すぎるので、11~3月くらいの寒い時期に愛用している。

冬場の釣りは手が寒すぎて素肌のままでは、とてもじゃないが釣りを続けられないが、コイツを着用するだけでかなり暖かくなるのだ。

ソルト、淡水の釣り、ウインタースポーツ、アウトドアなどなど、用途を問わないので、1つ持っておくと重宝するアイテム。

今回はメジャークラフト「チタングローブ」をインプレしていく。

防寒対策にマジでおすすめなので、寒さに弱い人はぜひチェックしてみてほしい。

→アマゾンでチタングローブをチェックしてみる

手を極暖状態にしたいならコレ!メジャークラフトの『チタングローブ』

個人的に『買ってよかったフィッシンググッズ』5本の指に入るくらいお気に入りの、メジャークラフト『チタングローブ』。

そこそこ薄手なのにめちゃくちゃ暖かく、脱着も楽なのが特徴。

11月〜3月くらいにかけて必ず着用しているのだが、手の寒さを感じにくくなるため長年愛用中…。

●新型のチタングローブはコチラからチェックできます↓

→アマゾンでチタングローブをチェックしてみる

メジャークラフト「チタングローブ」の外観とかスペックとかのインプレ

外観はこんな感じ。

長年使っているためボロボロだが、何となくイメージだけでも伝わっていれば幸いだ。

手のひら側はゴム素材のようになっており、リールを握る手にも力が入りやすく、力強くパーミングすることが可能。

水で滑るといったトラブルもほとんど無いので、マリンレジャーをする人すべてにおすすめしたい。

手の甲側は比較的薄手なのだが、チタン素材のおかげで寒さには強い。

裏生地もしっかりしている。この生地が防寒対策に効く!

チタンが含まれた素材が、辛い寒さをしっかりガードしてくれる。

手の甲はチタン素材、手のひらはゴム素材が寒さをしっかり守ってくれているので、非常に暖かい。

●着用イメージ


装着するとこんな感じ。

親指、人差し指、中指が露出する形となっている。

長年の使用のためかボロボロになっているが、まだまだ使用できそう。

→アマゾンでチタングローブをチェックしてみる

冬のバス釣り防寒対策に!メジャークラフト「チタングローブ」の実釣インプレ

実際に使用してみると、

「真冬なのに手から汗をかく」

…といった現象が起こるくらい寒さに強い。

基本的にはコレ着けておけば11月〜3月の冬のバス釣りは乗り切れると思っており、ほぼ不満を感じないレベル。

その汗もすぐに乾いてくれるので、冬のスポーツも快適に行うことができる。

全体的にゴムゴムしているので、ルアーフィッシングのキャスティングの妨げになるようなこともなく、着け心地も良い。

冬に釣りなどのスポーツをする人は、1つ持っていても損はないアイテムである。

ニジマスの管釣りにも良い

管理釣り場にもおすすめ。

気温が1℃~8℃くらいでも使っていける。

身体はたくさん着込まないと辛い状況でも、手はチタングローブのみで十分。それくらい暖かい。

→アマゾンでチタングローブをチェックしてみる

まとめ:冬の防寒対策に!メジャークラフト「チタングローブ」が極暖するのでマジおすすめ

バス釣りやソルトルアーフィッシングの防寒グローブにおすすめな、メジャークラフト「チタングローブ」を、僕の体験談を交えつつインプレしてみた。

当記事で紹介しているモデルは旧型ではあるが、古くてもマジで暖かいので最高。

気になった人は、冬の防寒対策として、新型のチタングローブをチェックしてみてはいかがだろうか。

●新型のチタングローブはコチラからチェックできます↓

→アマゾンでチタングローブをチェックしてみる

【こちらもお役に立つかもしれません】