レイドジャパン「スイッチバッグ」がシンプルでお洒落。レビュー・インプレ

[スポンサードリンク]


「ねぇ、あの釣り人の後ろ姿…何かスタイリッシュですげ〜釣り上手い人っぽくない?」

ぶっちゃけ僕、このバッグを背負って釣りをしているとき、こんな妄想をしてアヘアヘしています。
このバッグ、マジでオシャン。

(画像引用:ラインショッピング


レイドジャパン「スイッチバッグ」

今回は、レイドジャパンのオカッパリバッグ「スイッチバッグのインプレ・レビューをしていきます。


ここ最近、ソルトやバスでオカッパリをするときに愛用しているレイドジャパンのバッグ「スイッチバッグ」。

買ってから1年くらい経つので、使用感などをお伝えできればと思います。
スイッチバッグの購入を考えている方の参考になれば幸いです(^^)

良い部分、悪い部分

まず最初に、このバッグを使ってみて良かったと感じた点は

1:オシャレなデザイン性

2:ほどよいサイズ感

この2点になります。

良い点ばかりお話しているのでステマ感があることは否めませんが(笑)、スイッチバッグを紹介しても僕にメリットは何1つないことを先にお伝えしておきますw

あと、気に入らない点(デメリット)として僕が感じているのは、正直「サイズ(入る量)」しかないと感じているので、解説は省略します。

「たくさん入れたきゃデカいのを買え!それでもこのバッグを選ぶのにはワケがあるんだろう?」

そうさ、このバッグをわざわざ選んだのには理由があるのさ。


1:オシャン

まずは「1:デザイン性」について。


これは僕個人としての意見になりますが、レイドのバッグは”オシャレ”だと感じています。
ありきたりな汚い釣りバッグを背負って、いかにも「はい、ここで私は魚釣りしていますよ〜」みたいな、ダサ雰囲気を醸し出しながらバスフィッシングをするのが僕はあまり好きではありません。

汚いジャケットと汚れた帽子、いかついサングラス…という格好でバス釣りをするより、爽やかでオシャレな空気感をまとってバス釣りをしたほうが、地元の住民の方に与えるプレッシャーも和らぐというもの。

見た目にこだわらないで血眼になって釣果を追い求めていた頃よりも、見た目に気を遣ってバス釣りをしている今のほうが、地元の方や他のアングラーにも声をかけて頂けるようになったと感じてます。

デザイン性は個人の好みがありますが、僕個人としてはスイッチバッグはかなりお気に入りです。


2:いいサイズ感

続いて「2:ほどよいサイズ感」について。

サイズ感は見ていただければ一目でおわかりになるかと思いますが、小さいです。

ボックスが2個と、ペンチとメジャー、それにフックケースを入れたらパンパンになります。ペットボトルなんて入りもしません。

お洒落感、見た目重視。潔い。

これが良い。無駄なものは一切持っていけない。
これが良いのです。

何というか、この「ムダな物なんて一切背負わない感」と言ったらいいんでしょうか。
不要なルアー、使わないルアーや小物など、そういった「実は全然使用頻度なくて、スペースをとるだけの邪魔な存在」を削ぎ落としてくれる潔さ(容量)。これが個人的にツボってます。

・家の近くにあるフィールドに、ちょっと釣りしてこよっかな〜なんていうとき。

・暇つぶしに1〜3時間くらい、オカッパリで釣りしてこようかな。

こういったときにも、この小ささが役に立ってくれるんですよね。
遠くに行くときはもっと容量の大きいバッグを持っていくので、使い分け次第で「スイッチバッグ」を楽しむことができます。


まとめ

僕がレイドジャパンのスイッチバッグを感じてみて思ったことは、

1:オシャレなデザイン性

2:ほどよいサイズ感

の2点になります。
デメリットとしては「容量の少なさ」になります。

このレビューが、スイッチバッグの購入を考えているの役に立つと嬉しいです(^ ^)

[スポンサードリンク]