この春カッコよく着こなしたい、お洒落アウターまとめ!春のバス釣りにおすすめのジャケット7選

2021年、いよいよシーズン到来!

春は年間の中でもデカバスが釣れやすい時期だが、まだまだ朝・晩は冷え込むことも多く、ロングTシャツ1枚だけでは心許ない。

そこで今回は、この春から着こなしたい「バスアングラーならチェックしたい!オシャレで機能的なアウター・ジャケット」を紹介する。

タウンユースにも使いやすいおすすめジャケットをピックアップしたので、気になるアイテムがあったらチェックしてみてほしい。

この春カッコよく着こなしたい、お洒落アウターまとめ!春のバス釣りにおすすめのジャケット7選

ノースフェイス「マウンテンライトデニムジャケット」

(画像:ノースフェイス

1968年に創業したアメリカの老舗ブランド・ノースフェイスの「マウンテンライトデニムジャケット」は、ファッション性を大切にしたいアングラーならチェックしたいアイテムだ。

防風・透湿性に優れるゴアテックスが採用されており、アウトドアシーンでの防風アウターとして使いやすい作りになっている。

インディゴロープ染色加工により、インディゴ染め特有の経年変化を楽しめるという点もGOOD。

フィッシングやキャンプなどのアウトドアシーンのみならず、街着に使っても違和感がないファッショナブルなアイテム。

ノースフェイス「マウンテンライトデニムジャケット」
created by Rinker

フォックスファイヤー「GORE-TEXハイドロマスタージャケット」

(画像:フォックスファイヤー

日本の釣具メーカーであるティムコが1982年に立ち上げたアウトドアブランド・フォックスファイヤー。

「悪天候、タフコンディション時に負けないハイスペックなジャケット」を目的として開発されたのが、今回紹介する『ハイドロマスタージャケット』だ。

アメリカのトーナメントで活躍中の青木大介氏が着用していることでも知られているが、バスボートでカッ飛ばしても快適に過ごせるように作られている。

防水・防風・透湿性に優れたゴアテックス素材はもちろん、悪天候時に顔をガードする「チンガード」や、下を向いたときに水滴の落下を防止する「レインガーター」、キャップとフードを固定できる「キャップクリップ」など、釣りをする際のストレスを極限まで抑える機能がてんこ盛り。

また、腕周りには立体裁断パターンが設けられているため、キャスティングなどの動作も快適に行える。

「タフな環境でもストレスなく釣りを楽しみたい!でもダサいのは嫌!」という人におすすめのジャケットだ。

フォックスファイヤー「GORE-TEXハイドロマスタージャケット」
created by Rinker

ホグロフス「ストラタス ジャケット」

(画像:ホグロフス公式)

ホグロフスは、1914年にスウェーデンで創業したアウトドアブランドで、北欧らしい洗練されたデザインや色使いが施されているアイテムが多い。

中でも今回紹介する「ストラタスジャケット」は、ゴアテックス素材が採用されたハイクオリティなジャケットとして人気で、防水性と保温性に優れているのが特徴だ。

エレガントなデザイン性でありながらも、動きやすく軽量な作りになっているため、バス釣りなどのアウトドアシーンでも快適に着こなせるだろう。

撥水機能もあるので、アウトドアから街歩きまで幅広く着ていけるのもナイス!

ホグロフス「ストラタス ジャケット」
created by Rinker

チャムス「スプリングデール ゴアテックス ライトウェイト ジャケット」

(画像:チャムス公式

日米問わず、多くに人たちから愛されるアウトドアファッションブランド、チャムス。

当ブランドの2021年の新作アウターとして注目したいのが、今回紹介する「スプリングデールゴアテックスライトウェイトジャケット」だ。

防水・透湿性・軽量性に優れたゴアテックス生地が採用されており、釣りなどのアウトドアシーンで快適に過ごせるように作られている。

街歩きからアウトドアシーンまで幅広く使っていけるマルチなジャケットで、左胸に配置されたブービーフェイスのロゴ刺繍がファッション性の向上に貢献。

いかにも「釣りジャケットです!」が嫌な人にもおすすめなジャケット。

チャムス「スプリングデールゴアテックスライトウェイトジャケット」
created by Rinker

アークテリクス「ベータ LT ジャケット」

(画像:アークテリクス公式

1989年にカナダで設立されたアウトドアメーカー、アークテリクス(Arc’teryx )の人気ジャケット。

軽量・汎用性・快適性に優れたゴアテックスシェルが採用され、釣り、キャンプ、登山などでのタフな使用にも耐えうる高級ジャケット。

計算され尽くしたシンプルなデザインで、アウトドアシーンからタウンユースまで汎用性に富んだ使い方ができるのがおすすめポイント。

まさに「シンプル・イズ・ベスト」という言葉が似合う、ハイクオリティなジャケットである。

実用的な立体構造による動きやすさも魅力ポイント。

アークテリクス「ベータ LT ジャケット」
created by Rinker

バスブリゲード「BRGD FLAME ANORAK JACKET」

(画像:バスブリゲード

バスブリゲードは、アメリカのカリフォルニア州、モデストを本拠地とするアパレルブランドで、木村建太(キムケン)氏などが愛用することでも有名。

前面に大きなポケットが配置されている「アノラック」スタイルで、ファッション性を重視したいアングラーにおすすめ。

補足:「アノラック」とは

アノラックパーカーとは?

ウィンドブレーカー兼レインウェアの役割を果たすパーカーのことをアノラックパーカーと呼びます。

登山やトレッキングのマストアイテムで、1枚で様々な機能を持っているため、アウトドアを始め野外フェスやお出かけコーデにも取り入れられています。

(引用:くらしーの)

近年はスポーツカジュアルなスタイルが流行っているため、タウンユースでの着用にも良いカンジで使っていける。

ボディには耐水コーティングが施されているため、バス釣りでの使用においても快適な作りになっている。

腕・背部にド派手なフレイムロゴが配置されており、個性・オリジナリティを大切にしたいアングラーにおすすめのアイテム。

バスブリゲード「BRGD FLAME ANORAK JACKET」
created by Rinker

コロンビア「レイクパウエルジャケット」

(画像:amazon

1983年にアメリカで誕生したアウトドアブランド、コロンビア。

日本のバスフィッシングシーンでは伊藤巧氏などが着用していることでも有名だが、中でも「レイクパウエルジャケット」は、デザインと機能、両面において抜かりない作りになっている。

保温性と運動性に優れた「フルジップジャケット」、身体の熱を逃しにくい「オムニヒート」機能、キャストの妨げになりにくい「立体裁断」など、フィッシングシーンでストレスなく使える仕様。

撥水機能もあるため、「街歩きにも使えるお洒落なレインコート・防風ジャケットがほしい!」という人にもおすすめだ。コスパもGOODである。

コロンビア「レイクパウエルジャケット」
created by Rinker
Columbia(コロンビア)