【1年半使用インプレ】ダウンショットリグ専用ロッドとして購入した、シマノ「ゾディアス 264UL-S」がマジで使いやすくて感動している。

【インプレ】シマノ「ゾディアス 264UL-S」が、ダウンショット専用ロッドとしてマジで使いやすい

1年半ほど前に購入した、シマノ「ゾディアス 264UL-S」

ダウンショット専用ロッドとして使っているのだが、これがまた非常に使いやすくてお気に入り。

実際に1年半ほど使ってみたので、体験談を含めたインプレをしてみる。

【関連記事】1年ほど前に書いたインプレ記事は、コチラからチェックできます↓

シマノ「ゾディアス 264UL-S」の大まかな特徴・インプレ

1.8gシンカーを使用したダウンショットリグを練習するために購入した、 シマノ「ゾディアス 264UL-S」。

●ゲーリーヤマモト 「レッグワーム2.5インチ」

●O.S.P 「HPミノー3.1インチ」   「ドライブスティック3インチ」

といった、ダウンショットリグ用ワームでド定番なルアーを、超快適に使用できる。

4m以深の深めのポイントにあるちょとしたカバー周りでも、ルアーをスタックさせすぎることもなく、気持ちよく使っていけるのが気に入っている。

ダウンショットリグのキャスト感、ファイト時のパワー、疲労軽減に貢献する軽量さなど、たくさんの魅力が詰まった優秀なロッドだと思う。

【関連記事】タフな相模湖で、264UL-Sのダウンショットリグが大活躍!↓

●超軽量のライトリグ全般にも対応

ゾディアス264UL-Sは、ダウンショットリグだけでなく、その他のライトリグにおいても使いやすいロッドだ。

例えば、以下のようなルアーなど。

●ゲーリーヤマモト「カットテール4インチ」のネコリグやノーシンカー

●レイドジャパン「AVI 35」のノーシンカー

●ディスタイル「ヴィローラ2.8インチ」のミドスト

ダウンショット以外にも、その他のライトリグにも使える。

UL(ウルトラライト)パワーのソリッドティップ仕様ということで、やや専門性の高いロッドなのかと思いきや、意外と使用できるルアーの範囲が広いのが嬉しい

オカッパリでベイトフィネスもこなせるバーサタイルなベイトタックルを持っている人は、このロッド1本足すことで、より幅広く釣りを楽しむことができる。

●1ピースはコチラからチェックできます↓

●2ピースはコチラからチェックできます↓

入るけど、”入りすぎない”絶妙なティップがお気に入り

シマノ「ゾディアス 264UL-S」には、食い込み能力に長けた”ソリッドティップ”が搭載されている。

購入前は、カバー周りだとスタックしやすいんじゃないかと心配していたが…全く問題ない。

シンカーをしっかりカバーに固定できる柔軟さがありながらも、カバーからシンカーを抜けるような強さもしっかりと保持している。

そのため、「意図的にカバーにスタックさせて、意図的に”抜いて”リアクションバイトを誘発」といったアプローチも可能だ。

また、レッグワームを連続的にリフト&フォールさせる「リアクションダウンショット」にも対応してくれる。

ダウンショットリグで使われるテクニックなら、どのような使い方でも幅広く行える。

もちろん、ソリッドティップならではの食い込みの良さも健在。

オフセットフックの#4~#1くらいまでなら、バスがどのようなサイズであろうとも、しっかり食い込ませてくれる。

ライトリグが下手くそな僕でもオートマチックでフッキングしてくれるので助かっている(笑)

シマノ「ゾディアス 264UL-S」のソリッドティップは、入るけど”入りすぎない”絶妙なティップ具合。

アベレージサイズの数釣りから、スレたデカバス狙いまで、様々な使い方ができるのがお気に入り。

●1ピースはコチラからチェックできます↓

●2ピースはコチラからチェックできます↓

ウルトラライトのソリッドティップだけど、結構強いロッド

シマノ「ゾディアス 264UL-S」は、UL(ウルトラライト)パワーのソリッドティップ仕様ということで、購入前は柔らかすぎて貧弱なんじゃないかと不安に思っていた。

「ULパワーだし、ソリッドティップだから、40cm以上の大きいバスが掛かったらキツいんじゃないか」と、アベレージサイズ以上の魚が来たらヤバいのでは?と心配していた。

しかし、実際に1年半ほどかけて、15cm~40cmくらいまでの様々なサイズのバスを掛けてみたが、前述するような不安感はほとんど感じられなかった。

むしろ、40オーバーが掛かった際でも「あれ?このロッド、結構トルクとパワーあるな」といった具合に、ゾディアスシリーズならではの、トルクフルで力強いブランクス性能を感じさせてくれた。

魚が勢いよく走り回っても、40cm程度の魚なら、バットまで持っていかれることもない。

アングラーに魚をコントロールさせる余力を残しながらも、魚の走りに対して気持ちよく追従してくれるロッドブランクスが、魚とのやり取りを楽しく演出してくれる。

シマノ「ゾディアス 264UL-S」は、ULパワーのソリッドティップロッドだが、ゾディアスシリーズならではの力強さもしっかりと保持している心強いロッドなのだ。

●1ピースはコチラからチェックできます↓

●2ピースはコチラからチェックできます↓

まとめ:シマノ「ゾディアス 264UL-S」がダウンショットリグにおすすめ。結構マルチに使えるロッドなのでオカッパリでも使いやすい

シマノ「ゾディアス 264UL-S」を、実際に1年半ほど使い込んで感じたことやインプレ、体験談を書いてみた。

ゾディアス264UL-Sは、ダウンショットリグの扱いがマジで気持ち良いロッドだ。

もしダウンショットを徹底的にやり込もうと思っているなら、まずはシマノ「ゾディアス 264UL-S」から入ってみてはいかがだろうか。

●1ピースはコチラからチェックできます↓

●2ピースはコチラからチェックできます↓

【こちらもお役に立つかもしれません】