シマノ「ゾディアス」のスピニングロッドで、おかっぱりにおすすめのモデル4本

霞ヶ浦

バス釣りのおかっぱりでは、使いやすいスピニングタックルが1本あると便利。

ロッドを2本持ち歩いたとき「1本はベイトタックル、もう1本はスピニング」という構成で、おかっぱりを行う人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、霞ヶ浦や野池などのオカッパリで使いやすいスピニングロッドを取り上げてみます。

今回は個人的にも愛用している、シマノ「ゾディアス」シリーズから以下の4本をピックアップ。

●264UL-S

●264UL

●264L

●268L

ゾディアスシリーズの中でオカッパリに使うなら、上記の4本が使いやすいでしょう

この記事では、上記4本の使い分け・用途の違いについて解説をしていきます。

記事後半では、おかっぱり用スピニングロッドを選ぶときに気をつけたいことについて、僕個人の体験談や失敗談からきている解説をしていきます。

「ゾディアスの中からおかっぱり用スピニングロッドを選びたいんだけど、どれがいいのかわからないんだよね」と迷っている人のお役に立つと幸いです。

ゾディアススピニングおかっぱり

シマノ「ゾディアス 264UL/264UL-2」

品番 全長 自重 適合ルアーウエイト 適合ライン テーパー
264UL 1.93m 95g 2g~7g 2~5lb FF

ゾディアスの中で最も柔らかい番手が、ゾディアス264ULです。

ダウンショットや極小ワームのノーシンカー、ジグヘッドワッキーなど、小型ワームを使ったライトリグ全般に向いているスピニングロッドです。

2~3インチワームをメインに使う人におすすめ。

小型の虫系ワームを、カバーに引っ掛けたりするのでなく、オープンな場所に投げ込むような使い方にもマッチ。

最近流行っている、シンキングタイプの虫系ワームを使うのにも適していると言えるロッドです

■2ピースはコチラ

シマノ「ゾディアス 264UL-S/264UL-S(2)」

品番 全長 自重 適合ルアーウエイト 適合ライン テーパー
264UL-S 1.93m 95g 1.5g~5g 2~5lb FF

264ulのティップをソリッド化したモデルが、ゾディアス264UL-S

ソリッドティップのため食い込みがよく、より食わせに特化したライトリグを使いたいときに活躍してくれるスピニングロッドです。

●1.8gシンカー+2~3インチワームのダウンショット

●ミドスト

●ホバスト

など、食わせ重視の使い方にマッチしたロッド。

しかし、シャッドや小型クランクなどのハードルアーは得意でないため(一応は扱えます)、おかっぱりでの使用においては、やや汎用性が低いのがデメリット。

しかし、もしライトリグしか使う予定がないのであれば、ハイプレッシャー対策も含め、僕個人的にはかなりおすすめなロッドです。

■2ピースはこちら

【関連記事】ゾディアス264UL-Sのインプレはこちらからチェックできます↓

シマノ「ゾディアス 264L/264L-2」

品番 全長 自重 適合ルアーウエイト 適合ライン テーパー
264L 1.93m 95g 3g~10g 3~6lb F

「スピニングでは普通のワーミングしかやらない」という人におすすめなのが、ゾディアス264L。

3~5インチ程度のストレートワームを使ったネコリグやダウンショット、ノーシンカーやジグヘッドワッキー、スモラバなど、ライトリグ全般を扱えます。

またワームだけでなく、シャッドプラグや小型ミノーなども扱えるので、オカッパリで重宝するロッドだと言えるでしょう。

ゲーリーヤマモト「4インチヤマセンコー」などの高比重ストレートワームを扱うなら、264ulではなく246Lの方がおすすめです。

高比重ワームにはやや太いフックをつけることが多いので、264ulだとフッキングパワーが足らずにバラしてしまうからです。

一般的なワームを使った釣りや、小型プラグなどをおかっぱりで幅広く使っていきたいなら、ゾディアス264Lがおすすめです。

■2ピースはこちら

シマノ「ゾディアス 268L/268L-2」

品番 全長 自重 適合ルアーウエイト 適合ライン テーパー
268L 2.03m 97g 3g~10g 3~6lb F

オカッパリで遠投をする機会が多いなら、ゾディアス268Lもおすすめです。

6.8フィートというやや長いロッドのため、ライトリグを細かく操作するよりかは、ライトキャロなどを使ってサーチするような使い方に向いているロッドだと言えます。

野池などの小場所よりかは、霞ヶ浦や琵琶湖、中・大規模河川のフィールドで活躍してくれるロッド。

長さがあるため、ダウンショットリグも使いやすいロッドです。

「規模が大きな釣り場のおかっぱりで、シャッドや小型クランク、一般的なワーミングをメインにバス釣りをする」という人におすすめのロッド。

■2ピースはこちら

オカッパリ用スピニングロッドを選ぶときに気をつけたいポイント

シマノ「ゾディアス」はおかっぱり用スピニングロッドとして人気。

しかし用途に合わないモデルを選んでしまうと後悔しやすいため、購入前に以下のポイントに気をつけましょう。

●取り回ししやすい長さ

●汎用性に長ける(バーサタイル性)

●パワー選択

取り回ししやすい長さ

おかっぱりでバス釣りを行うときは、スピニングロッドの取り回しのしやすさは気をつけたいポイントです。

例えば、自分の周囲に木々が生い茂っている場所で釣りすることが多いなら、長いロッドよりも短いロッドの方が扱いやすいです。

ロッドが長いとキャスティングの際にぶつけてしまったりするので、長さを選ぶときは注意しましょう。

汎用性に長ける(バーサタイル性)


(画像:青木大介 Official homepage

おかっぱりは数多くタックルを持ち運べません。

そのため、スピニングロッド1本でいろいろなルアーを扱えるような、汎用性に長けたロッドを選ぶのが失敗しないコツです。

例えば、この記事で紹介しているゾディアス264ul-sは、ダウンショットリグや極小ワームの扱いはピカイチですが、汎用性はそれほど高くはありません。

おかっぱりでは極小ワームだけでなく、シャッドなどの小型ハードルアーを使いたくなることもあるため、あまりにも専門性が高すぎるロッドだと微妙に使いづらかったりします。

ですから、おかっぱり用スピニングロッドを選ぶときは、汎用性が高いロッドであるかどうかをしっかりチェックしておきましょう。

パワー選択

「汎用性に長ける(バーサタイル性)」の内容とやや重複しますが、ロッドパワーを選ぶときも注意しましょう。

例えば、UL(ウルトラライト)パワーは、極小ワームや超繊細なライトリグは得意なパワーです。

しかしULパワーは、シャッドや小型トップなどのハードルアーの扱いは得意ではありません。

またL(ライト)パワーはライトリグ・ワームの釣りから小型ハードルアーまで一通りこなせますが、ULで使うような極小ワームは扱いづらい傾向にあります。

このことから、おかっぱり用スピニングロッドを選ぶときは、”使う頻度が高いルアーはどんなものなのか”を意識して、ロッドパワーを選ぶことが大事になります。

シマノ「ゾディアス」のスピニングロッドで、おかっぱりにおすすめのモデル4本|まとめ

今回は、シマノ「ゾディアス」シリーズの中から、おかっぱり用スピニングロッドに使いやすいモデルを紹介してみました。

ゾディアスは僕個人も愛用しているロッドです。

どの番手も低価格でありながらも使いやすいので、購入を検討されている方は参考にしてみてください。


【関連記事】こちらも読んでいきませんか?

  「オカッパリやレンタルボートで使うライトリグ用スピニングロッドが欲しい!」 「ワームの釣りをやり…