何が違うの?シマノ「バスワンXT」と、アブガルシア「ブラックマックス」を比較してみる。

低価格帯のベイトリールで人気の、シマノ「バスワンXT」とアブガルシア「ブラックマックス」。

どちらも似たような価格ということもあって、購入で迷ってしまう人もいるかもしれません。

両機の違いは、一体どこにあるのでしょうか?

今回は、エントリーモデルで人気の高い、バスワンXTとブラックマックスを比較していきます。

アブガルシア 「 ブラックマックス」
created by Rinker
アブガルシア(Abu Garcia)

●【ブラックマックスのインプレ】圧倒的なコスパと堅牢ボディでおすすめすぎる!

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 17 バスワンXT 150 右ハンドル
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

●【バスワンXTのインプレ】誰でも簡単にキャストを楽しめるコスパベイトリールはコレ!

シマノ「バスワンXT」と、アブガルシア「ブラックマックス」を比較してみる。

今回比較していくリールは、エントリーモデルとして人気の高い、シマノ「バスワンXT」と、アブガルシア「ブラックマックス」の2機。

●シマノ「バスワンXT」

バスワンXTの大まかな特徴としては、以下のような感じです。

●大体9〜30g程度のルアーを気持ち良く投げられる。

●ルアーの回収速度が速い。

●遠心力ブレーキ

オカッパリで選ばれることの多い、「M(ミディアム)パワー」のロッドとの相性が良いリールです。

何でも投げられる系の「バーサタイル」なロッドと組み合わせると、オカッパリ・ボート共に快適なバス釣りが楽しめる作りになっている印象です。

バスワンXTの実釣インプレは以下の記事に書いてありますので、よかったらコチラも参考にしてみてください↓

●【バスワンXTのインプレ】誰でも簡単にキャストを楽しめるコスパベイトリールはコレ!

●アブガルシア「ブラックマックス」

ブラックマックスの大まかな特徴は、以下のようなものになります。

●巻き取りパワーに優れる

●こまめなブレーキ調整が必要

●デカバスとのファイトも余裕

こちらも大体10〜30g程度のルアーを、ストレスなく投げられるように作られてあります。

ギア比が6.4、ドラグ力が6.0kgということもあり、抵抗の強いルアーの巻き取りや、デカバスとのファイトで有利になるリールです。

ブラックマックスの実釣インプレは以下の記事にまとめてあるので、よかったらチェックしてみてください↓

●【ブラックマックスのインプレ】圧倒的なコスパと堅牢ボディでおすすめすぎる!

スペック比較

両機のスペックを比較すると、こんな感じです。

品名ギア比自重最大ドラグ力スプール径糸巻き量最大巻上長ハンドル長ベアリング数価格
バスワンXT7.2210g5.0kg34mm14lb-110m,16lb-100m77cm84mm4/1¥9,500
ブラックマックス6.4202g6.0kg33m14lb-130m,16lb-115m66cm85mm4/1¥10,500

ギア比とラインキャパ、ドラグ力以外には、これといって大きな違いは見られません。

しかし実際の使用感には結構違いがあります。

デザインの比較

次は、バスワンXTとブラックマックスのデザインを比較していきます。

上から見た姿。

レッド系カラーが入ったブラックマックス、ゴールド系カラーが入ったバスワンXT。

パッと見のデザインは、結構違います。

ドラグ側から見た姿。

バスワンXTはドラグがクリック式で、ブラックマックスはクリック式ではありません。

ハンドル長はどちらも85mm。

※バスワンXTはメーカースペック表では”42mm”となっていますが、たぶん大体の全長が85mmなので、この記事ではほぼ85mmという解釈で進めていきます。

ボディ前面からの姿。

ボディ横。

ブラックマックスには、マグネットブレーキのダイヤルが備わっています。

バスワンXTには外部ダイヤルはありません。

ロッドに載せてみると、こんな感じ。

アブガルシア 「 ブラックマックス」
created by Rinker
アブガルシア(Abu Garcia)
シマノ(SHIMANO) ベイトリール 17 バスワンXT 150 右ハンドル
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

バスワンXTとブラックマックスの主な違い

バスワンXTとブラックマックス、両機の主な違いは以下の部分。

1:ギア比

2:スプール重量・スプール径

3:ラインキャパシティ

4:ブレーキシステム

1:ギア比

バスワンXTが7.2(巻取長は77cm)であるのに対し、ブラックマックスは6.4(66cm)。

バスワンXTは、ルアーの回収速度に優れています。

テキサスリグやラバージグなどの”打ち物”ルアーとの相性が良いです。

しかし、巻物も普通にこなせるため、汎用性の高さも魅力。

ブラックマックスは、巻き抵抗の強いスピナーベイトやクランクベイトを力強く巻けるのが特徴です。

50オーバー程度の魚なら、こちらが主導権を握ったままファイトを行うことができるパワーがあります。

ブラックマックスが気になる人で「ハイギヤがほしいんだけど」という人は、同シリーズの『プロマックス』を選択支に入れる、という手もあります。

2:スプール重量・スプール径

●スプール重量が違う

スプール重量もかなり違います。

バスワンXTは14gであるのに対し、ブラックマックスは18g。

一般的に、スプール重量があるほど重いルアーと相性が良く、軽量なスプールであるほど軽いルアーとの相性が良いと言われています。

実際に両機を使用したときも、バスワンXTの方が軽量ルアーに対するレスポンスが”やや”優れているような印象です。

ピッチングなどをすると、ブラックマックスは弾道が浮き上がりがちであるのに対し、バスワンXTはそこそこ伸びてくれるような感覚があります。

●スプール径も違う

スプール系も違います。

バスワンXTは34mmであるのに対し、ブラックマックスは33mm。

ブラックマックスの方がやや小径ですが、軽いルアーはそこまで得意ではありません。というか苦手な部類です。

スプール系はバスワンXTの方が大きいですが、軽量ルアーに対するレスポンスはバスワンXTの方が優れていると感じます。

3:ラインキャパシティ

ラインキャパにも違いがあります。

●バスワンXT:14lb-110m,16lb-100m

●ブラックマックス:14lb-130m,16lb-115m

バス釣りだけなら問題が起きるようなキャパではありませんが、もしソルトルアーもやりたいのであれば、キャパが多いブラックマックスがおすすめです。

ラインをたくさん巻くと、スプール重量が重くなる分、スプールの立ち上がりが重くなりがち。

ラインキャパの観点から比較した際も、ブラックマックスよりバスワンXTのほうが、軽量ルアーに対するレスポンスが良いことがわかります。

4:ブレーキシステム

ブレーキシステムにも違いがあります。

●バスワンXT:遠心力ブレーキ

●ブラックマックス:マグネットブレーキ

ブレーキの種類に関しては、「どちらが優れているか」というよりも、個人の好みもあるんですよね。

ただ、ブレーキシステムの違いによって、ルアーを投げたときの印象も結構違うので、リール選択で迷ったときは「ブレーキシステムの違い」に着目してみるのもアリだと思います。

個人的な感覚・体験談を言わせて頂くと、遠心力ブレーキはキャスト後半の伸びに優れ、マグネットブレーキは常に安定したキャストを可能にしてくれるような印象です。

遠心力ブレーキは、スプールに回転数が高くなるほどブレーキが強くかかり、弱まるほどブレーキも緩くなります。

そのため、キャストの後半にススーっと伸びていくような感覚があります。

マグネットブレーキは、常に一定のブレーキがかかり続けるため、キャストに安定感が生まれます。

向かい風などにも強く、トラブルが起きにくいので、バス釣り初心者にもおすすめのブレーキシステム。

こんな感じで、各ブレーキシステムには特徴があります。

どちらにするか迷ったときは、ブレーキシステムを目安にするとわかりやすくなります。

どっちがおすすめ?

リールの選択には正解・不正解がないので何とも言えないところですが、僕はこんな感じで2機を使い分けています。

【バスワンXT】
→テキサスリグやラバージグ、デカネコなど、打ち物・底物・ワーミングに使う。
→ピッチングを多用するシーンで使う(アシ打ち、護岸や消波ブロック打ちなど)

【ブラックマックス】
→クランクベイト、スピナーベイトなどの巻物の釣り。
→マグナムクランクなどの、巻き抵抗が超強いルアーに。

僕は大体こんな感じで使い分けています。

しかし、バスワンXTでスピナベやクランクも使いますし、ブラックマックスでジグなどを使うこともあります。

どちらにするか迷った場合は、こんな感じで選んでみてはいかがでしょうか。

●ワーミングの釣りの比率が多くなりそうなら、またはカバーが多いフィールドで釣りをすることが多いなら、バスワンXTを。

●巻物ルアーを中心に、バス釣りを楽しみたいならブラックマックス。

このようなイメージで選ぶと、大きな失敗はしないかと思います。

アブガルシア 「 ブラックマックス」
created by Rinker
アブガルシア(Abu Garcia)

●【ブラックマックスのインプレ】圧倒的なコスパと堅牢ボディでおすすめすぎる!

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 17 バスワンXT 150 右ハンドル
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

●【バスワンXTのインプレ】誰でも簡単にキャストを楽しめるコスパベイトリールはコレ!

シマノ「バスワンXT」と、アブガルシア「ブラックマックス」を比較してみる|まとめ

低価格帯のベイトリールで人気の、シマノ「バスワンXT」とアブガルシア「ブラックマックス」

どちらも似たような価格ということもあって、購入で迷ってしまう人もいるかもしれません。

エントリーモデルで人気の高い、バスワンXTとブラックマックス。

ギア比以外ではスペック的にもやや似た傾向がある両機ですが、実際に使ってみると結構な違いがあります。

どちらも価格に見合わないくらいの完成度なので、購入に迷っている人はチェックしてみてください。

アブガルシア 「 ブラックマックス」
created by Rinker
アブガルシア(Abu Garcia)

●【ブラックマックスのインプレ記事】圧倒的なコスパと堅牢ボディでおすすめすぎる!

シマノ(SHIMANO) ベイトリール 17 バスワンXT 150 右ハンドル
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)

●【バスワンXTのインプレ記事】誰でも簡単にキャストを楽しめるコスパベイトリールはコレ!


【関連記事】こちらもチェックしていきませんか?

 

【釣り番組5000本以上が見放題!】

●スマホ・PC・タブレットでいつでも見られる!

●毎月、新番組約100本追加!


今ならお試し14日間、無料

↓↓今すぐチェックしてみる↓↓

→バス釣り動画はこちら

 

Twitter