【買ったもの】コスパ最高のアメリカンワームと、その他の雑貨を色々買った。

【買ったもの】コスパ最高のアメリカンワームと、その他の雑貨を色々買った。

久々の【買ったもの】シリーズ。

今回はまいんどくえすと2の管理人の僕が、個人的に買ってきたアイテムをただただ垂れ流すだけの記事です。

久々にバス釣り用の雑貨やルアーを色々と買ってきたので、その内容をつらつらと書いていこうと思う。

アメリカのバスプロ気分に浸る用の、ズーム「フィネスワーム」とか「ウルトラバイブ スピードクロー」とか。

ズームのワームは1パックにたくさん入っているし、コスパが良すぎるから好き。

シンプルに「アメリカンルアーで釣ったらカッコよくね?」というだけの動機。

しかし、アメリカンワームは匂いが好みではないため、ワームオイルやパウダーを使ってモチベーションを高める。

「人気のアイテムを使うのは何か嫌だ」などという理由で敬遠していた、ノリーズのバイトバスリキッドエビ。ブームも去った感じなので、今更ながら購入。この天邪鬼加減…。

スポンサーリンク


ワンチャン狙いのブラッシュホッグ。食えばまぁまぁデカいワーム。
同じ系統のワームにノリーズの「ビッグエスケープツイン」があるが、入手のしにくさからこっちを選ぶ。
それと「アメリカンルアーで釣れたら、なんとなくカッコいいじゃん」という、謎の満足感を満たしたいためのワームでもある。

投げてて楽しいワーム。使ってて「俺ってわかってる感、俺ってバスフィッシング知ってるんだぜ感」に酔えるアメリカンワームが好き。

ダイワ「スティーズホグ」は、全体のバランスというか印象が良い感じなのと、川村光大郎氏がカバージグSSのトレーラーに使用していたのを見て、ミーハー的な感じで購入。

スティーズ系ルアーはパッケージングが美しいのと、ルアーデザインの印象が美しいから好き。「巧の技!」みたいな洗練された感じがあって良い。

デュオからペンシルベイトの新作っぽいのが出てた(前からあった?)ので、一目惚れして購入。
こういうカタコト系サウンドのトップウォータープラグは使っていて楽しい。

ダイワの「マルチジグSS」は、最近僕の中でラバージグ(フットボール込み)熱が高まっているので、練習用に購入。
根掛かりが少ないのが気に入っているので、控え用にいくつか購入。

「もし現場でロストして、手持ちがなくなったら…」という不安感から、無駄に何個も買う。
そんで家に帰ってみると、実はすでにストックがいくつかあった…というループが起こりやすいのも、ジグの魅力である。


ボックス類。
おかっぱり用(写真上)で、やや深めのタイプのポックスを。

最近はビッグベイトやらジグやらを中心とした釣りばかりやっていたり、かといって急にフィネスやり出したりと、自分の釣りが極端になりつつある。

デカいルアーと、細々したルアーを一括して収納したいと思ったのと、容量が大事だという理由から購入してみた。
仕切りが縦でも横でも自由に使える感じが良い。

写真下のボックスは、レンタルボートに乗るとき用のラバージグ専用ボックス。
この中に3.5g〜5g、7g、10g、14gのアーキーヘッドのジグと、10gと14gのフットボールジグを全てブチ込みたいと思って買った。

ボックスをパッと開いたときに、自分で「おぉ…この収納加減はとても美しいデスネェ…」などと自己満足に浸りたいため「悦ボックス」である。

最近はデカいタックルボックスを持ち込むのが面倒になってきた。
8割くらいはほぼ使わないルアー(飽きているルアー)ばかりだし、落水したときのリスクを考えると「レンタルボートには必要最低限の持ち込みでいいんでない?」といった指向になってきた。

だから最近は釣り場にタックルボックスを2〜3個だけ持ち込むスタイル。
実はこういったミニマリスト的なスタイルの方が、現場でのルアーチョイスの迷いが減ると感じている。

スポンサーリンク



【買ったもの】コスパ最高のアメリカンワームと、その他の雑貨を色々買った。|まとめ

今回は、個人的に色々買ってきたシリーズ的な感じで書いてみた。

そういえば、一昔前まではこういった個人的なメモというか、雑談(個人的な”ログ・記録”)みたいな記事が、ネット上に”ブログ”という形でたくさん存在してたよなぁ…とふと思った。

ここ最近は「いかにアクセスを伸ばすか?収益を得るか?」みたいなアフィリエイト記事ばかりで溢れかえっているように思う(もちろん自分もその内の一人である)。

たまにはこんな感じで、他の人にはどうでもいい記事なんだけど、自分自身としての成長記録とか足跡的な「ログ」として記事を書くのも、ブログ執筆スタイルのオールドスクールっぽさがあって良いなぁ…と思った。