【雑記】レンタルボートに乗り始めて1年ちょいが経過。オカッパリとボートの釣りの違いについて。

[スポンサーリンク]



個人的な話になるが、レンタルボートの釣りを始めてから一年半くらいが経過した。

始めた当初は操船すらままならなかったが、その時から比べると今ではほんの少し操船技術が上がったと思う。

相変わらず大事なシーンでガタタン!などとボート上で音を立ててしまったりしてドジ丸出しだしだが、始めた時よりは多少は成長したんじゃないかと思う。

オカッパリの釣りはまぁまぁキャリアが長いが、その経験は、実はレンタルボートの釣りでは(今のところ)ほとんど役に立っていないと感じる。

【雑記】レンタルボートに乗り始めて1年ちょいが経過。オカッパリとボートの釣りの違いについて。

今まで僕が行ってきたオカッパリの釣りは、少しでも食い気のある魚を見つける釣りって感じではなく、どちらかというと「目の前に広がっている光景の中で、そこに居るであろうバスをどうやって食わせるか?どうやったら口を使わせられるか?」みたいな方向性だったと気付き始めている。

何年もこういったちょこまかとした釣りばかりやっていたもんだから、目の前に居る魚にどうアプローチすれば良いのかは理解できたとしても、そもそもまず魚が探せていないのだから、ある意味「アプローチ特化」だった過去の経験がまるで生かされていないと感じる。

オカッパリだと立てるポイントも限られていたり、釣りができるエリアに制限があったりする。
オカッパリのときは「そのエリア内に潜んでいるであろう魚に、どうしたら口を使わせられるか?」…みたいな釣りばっかやっていたんだなぁと、レンタルボートの釣りを1年ほどやってみてわかった。

自由にどんなポイントにも行き来できるレンタルボートの釣りは、魚を探す能力が必要不可欠であると痛感している。

今の自分は、目の前にいる魚をどう食わせるさせるかという力はそこそこあるかもしれないけれど、「魚を探し出す能力がめちゃくちゃ低い」ということを、関東の有名フィールドに学ばさせられている。

いかに自分が井の中の蛙であったかを、関東のレンタルボートフィールドに思い知らされている。
というか、そもそも実はそこまで上手くなかった(それはほとんど正解なのだが)…といったら自分を卑下しすぎて自己嫌悪に陥るので、自己分析はこれくらいにしておこうと思う。

[スポンサーリンク]



 

【釣り番組5000本以上が見放題!】

●スマホ・PC・タブレットでいつでも見られる!

●毎月、新番組約100本追加!


今ならお試し14日間、無料

↓↓今すぐチェックしてみる↓↓

→バス釣り動画はこちら

 

Twitter