【インプレ】激安ベイトフィネスリールの真相。アマゾンで高評価のピシファン「SAEX ELITE」 実釣インプレ


スポンサーリンク



10,000円を切る低価格なベイトリールとしてアマゾンでめちゃくちゃ評判の良い、ピシファン「SAEX ELITE」。
アマゾンで口コミ数が異様に高いので気になって買ってみたところ、これがまた良い感じで感動している。

今回は「実釣インプレ」ということで、実際にピシファンを使ってきたので使用感などを書いていこうと思う。

※シャロースプールでのインプレ※

【関連記事】デザインなど外観インプレッションはこちらの記事に書いてます↓

■インプレ使用タックル
ロッド:レイドジャパン グラディエーターマキシマム70HST
ライン:フロロライン12ポンド
■テストしたルアー
・1.8gシンカーの4.5インチワーム を使ったネコリグ
・4.7gのスモラバ+小型ホッグワームのトレーラー
・6gのコンパクトジグ
・3/8オンスのチャターベイト、スピナーベイト

アマゾンでピシファンをチェックしてみる

※シャロースプールはコチラからチェック

アマゾンでピシファンのシャロースプールをチェック

【関連記事】巻物専用機として使っても最高!ということについて語った記事はこちら↓
http://matatamacoron.com/2020/05/31/post-6364/

スポンサーリンク



【インプレ】激安ベイトフィネスリールの真相。アマゾンで高評価のピシファン「SAEX ELITE」 実釣インプレ

■大まかな印象

ピシファン「SAEX ELITE」は、遠心とマグのダブルブレーキという独特なシステム。
アブのリールなどにも見られるブレーキシステムだが、慣れていない僕は扱いにやや手間取った。

設定などを使いこなすまではやや手間取ったが、ブレーキ自体は強くかかるので調整は比較的楽な方だと思う。ピーキーではない。
セッティングを探しているときにはバックラッシュはほぼ皆無で、全体的に安定したブレーキング性能であると感じる。
メモリごとの差異がそこまで大きくなく、ブレーキ設定の難易度は低い。

ブレーキのかかり具合が強めであるにも関わらず結構飛ぶ。
バックラッシュも起こりにくく、慣れてしまえばブレーキシステムも扱いやすく感じたので、バス釣りを始めたばかりの初心者でも安心して使えるという印象。

■細かな印象(パーツのクオリティ、ブレーキ設定)

■各パーツの作り込みについて

クラッチレバーとスプールが近いように感じるが、慣れれば対応できる範囲内。
(※追記※更に使い込んでみたが、クラッチレバーの違和感はほぼ感じることはなくなった。慣れることで簡単に解消できる)

・サイドブレーキのパーツと、メカニカルブレーキの作りの甘さが気になった。

微調整する際にダイヤルがガタガタとブレ、剛性面に不安を感じる。


ボディ自体の剛性感はかなり高いほうだと思うが、サイドブレーキのプレートとメカニカル周りの印象はややチープ。
価格的に見ても妥協しなければならないポイントではあるが、細かい作りにも拘りたいアングラーにはおすすめできないリール。

■ブレーキ設定について

ベイトフィネスで使うようなライトなルアーは、遠心ブレーキをゼロにしてマグネットブレーキのみで使用すると良い。

ダブルブレーキで軽量ルアーを使うと弾道が浮き上がり、ピッチングが安定しない。
マグブレーキのみの設定にすると、いきなりベイトフィネス仕様のリールに変貌する。

マグブレーキだけだと巻物を遠投したときに安定感が薄れると感じた。
やや重ためのルアーを投げるなら遠心とマグ両方を使った方が安定する。

アマゾンでピシファンをチェックしてみる

※シャロースプールはコチラからチェック

アマゾンでピシファンのシャロースプールをチェック

[スポンサーリンク]



キャストフィール

キャスト感は非常に良い。
アブガルシアやシマノ系のスーッと無抵抗に伸びていくようなフィーリングと、ダイワのマグブレーキに見られるブレーキが一定に効きながらジワジワっと伸びていく感覚の良いとこどり。

キャストフィールで一番近いのは07メタニウムや13メタニウム、アブレボLTなど。

キャスト感的には、どちらかというとダイワ系ではなくアブやシマノ系の遠心ブレーキ系よりだと感じる。

「SVS(インフィニティではない)」の頃のシマノリールに近いか…?

重差別のルアーの投げやすさ

5g前後のスモラバの使用はかなり安定している。
トラブルもなく、ピッチングで弾道も上がりすぎずスムーズにルアーをキャストできる。
距離的には10〜20m程度の短中距離のピッチングを楽しめる。

シャッドの遠投も良い。
20〜30mくらいなら簡単に投げられる。
軽くラインがバックラッシュしても、マグブレーキで簡単に微調整できるのもGOOD。

10g前後のルアーはカッ飛ぶ。
ブレーキ設定を見極めるのにやや手間取るが、遠心ブレーキ1〜3個、マグブレーキ半分くらいのセッティングなら誰でも簡単にトラブルレスで投げられるだろう。
このあたりの重量帯のルアーは安定して投げられる。

今回はシャロースプールの使用だったため重量級ルアーは投げていないが、リール自体のポテンシャルを見る限り、重いルアーも安定して扱うことができそうだと感じた。

【インプレ】激安ベイトフィネスリールの真相。アマゾンで高評価のピシファン「SAEX ELITE」 実釣インプレ|まとめ

今回は、アマゾンで評判の良いピシファン「SAEX ELITE」のインプレッションを行ってみた。

1万円前後でベイトフィネスができるというのは、ベイトフィネス好きにとってはかなり嬉しいポイント。

僕はシマノのフラッグシップモデルのベイトフィネスリール(アルデバランbfs )も使用しているが、無理してフラッグシップのベイトフィネスリールを買う必要もないと感じた。

これからベイトフィネスを始めたい人や、ゆくゆくはベイトフィネスもやってみたいと思っている初心者の人には、ピシファンSAEX ELITEは心強い味方になってくれるだろう。

アマゾンでピシファンをチェックしてみる

※シャロースプールはコチラからチェック

アマゾンでピシファンのシャロースプールをチェック


【関連記事】よかったらこちらも読んでいきませんか?
◾️購入から4ヶ月後…↓

スポンサーリンク 新規タックル導入につき、とりあえず・間に合わせ感覚で買ってみたピシファン「SAEX ELIT…

スポンサーリンク



 

【釣り番組5000本以上が見放題!】

●スマホ・PC・タブレットでいつでも見られる!

●毎月、新番組約100本追加!


今ならお試し14日間、無料

↓↓今すぐチェックしてみる↓↓

→バス釣り動画はこちら

 

Twitter