【おすすめ趣味6選】30代の男性が1人で楽しめる趣味を実体験含めてまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[スポンサードリンク]



30代になると周りの知り合いや友人は結婚したりし始め、趣味や遊び友達がどんどん減っていく傾向にあります。
昇進などによって収入が増えたはいいものの、「仕事して帰ってきて寝る。休みの日はただ身体を休めるだけ」といった刺激のない生活を送る男性は多いでしょう。

「なんか1人で楽しめる趣味ないかな」と考えている人に向けて、今回は「30代男性が1人で楽しめる趣味」をいくつかまとめてみました。
どれも僕が個人的に楽しんでいる趣味ばかりなので主観的な意見になっているとは思いますが、趣味探しの参考にしてみてください。

【おすすめの趣味6選】30代の男性におすすめ!1人でできる趣味まとめ

釣り

魚釣りは1人でできる趣味の筆頭ともいえる遊びです。
老若男女、お子様からお年寄りの方までいろんな人が楽しめる趣味が「釣り」の良いところです。
空気が綺麗で景色のいい中で釣りをしていると、仕事で疲れ切った心が洗い流されます。
友達がいなくても1人きりで楽しめる「釣り」は、未婚の男性にもおすすめできる趣味と言えるでしょう。

30代になると金銭的にある程度余裕ができる男性が多いですが、そういった人には道具に嗜好性を求めるのが楽しい「ルアーフィッシング」がおすすめ。

ルアー、釣竿、リールなどなど、ルアーフィッシングを楽しむための道具にはいろんなものがあるので、それらをコレクションして愛でるような遊び方もできるのでおすすめです。

【関連記事】

ブログ運営

ブログ運営、記事の執筆はインドア趣味としておすすめです。
パソコンに向かって黙々と文章を書き込むのはなかなか孤独な作業ではありますが、文章を書くのが好きな人や、自己表現をするのが好きな人におすすめできる趣味と言えます。

最近では副業でブログを運営して収入を得たりする人も多く、ビジネスとしてブログを始める人もいます。

ビジネス、自己表現、何かの記念の記録…などなど、人によっていろんな楽しみ方をできるのがブログ運営の魅力です。

カメラ(写真撮影)

一眼レフを使った写真撮影は、1人でマイペースに取り組める趣味としておすすめ。
近年では一眼レフを使わなくても、スマホなどを使って綺麗な写真撮影を楽しむことができるようになってきています。
ですから、「ちょっとした散歩のついでに写真撮影を楽しむ」なんていうような遊び方もできちゃうのがカメラ趣味の面白いところです。

撮った作品はインスタグラムやツイッターなどのSNSに投稿してみたり、それがキッカケでカメラ女子との新たな出会いが生まれたりする…といった旨みがあるのもカメラ趣味の楽しいところです。

中間管理職になり、金銭的に余裕が出てきている人はちょっと奮発して高級一眼レフを使って撮影してみたり、交換レンズに凝ってみたり…と、男心をくすぐる取り組みができるのも写真撮影を趣味にするメリットとも言えます。

シャッターを切る瞬間の感覚、美しい風景と出会えたときの心のときめき、作品を評価されたときの喜びなどなど、写真撮影は日常生活に疲れきってしまった心に潤いを与えてくれる素晴らしい趣味です。

[スポンサードリンク]


バイク(オートバイ)

「男1人、風を切ってどこまでも走り抜ける」という孤高な趣味が『バイク(オートバイ)』です。
バイクに乗っているときはどんな人でも「1人」ですが、その孤高な雰囲気に浸れるのもバイクの面白いところです。

近年はツイッターなどを通して他の人とツーリングを楽しんだりする人も多く、人によって取り組み方が違うのもバイクの興味深いところです。

バイクカスタムに凝ってみるのも楽しいです。
マフラーをカスタムして排気音に凝ってみたり、外装をドレスアップして世界に1つだけのバイクを作り上げていったりと、バイクカスタムの世界に足を踏み入れるのも非常に楽しいです。

仕事の息抜きにツーリング旅行などに行ってみたり、先述した「一眼レフ」を持って撮影ツーリングに出てみたり。
またまた先述した「釣り」をするためにバイクを使って現場まで向かってみたり…などなど、その他の趣味と組み合わせができるところもバイク趣味の良い部分です。

アクアリウム(熱帯魚)

仕事に疲れて部屋でほっと一息ついたときに、フと目に入る美しいアクアリウム…。
「犬や猫はお世話が大変で飼えない」という人におすすめなのが、熱帯魚飼育のアクアリウムです。

熱帯魚は見ているだけでも癒されますし、ほとんどアートと言えるような水草飼育を楽しめるのもアクアリウムの魅力です。

仕事から帰ってきたとき、ふとリビングにあるアクアリウムをぼーっと眺める…というのはかなりストレス解消になります。

ゲーム

現在は「ゲーム」も立派な趣味の1つとして扱われつつあります。
ここ最近は「eスポーツ」と言われるゲーム競技が流行し始めていますが、プロゲーマーが出てきたりするなど、ゲーミングが趣味・遊びとして幅広い人たちに認められつつある世の中になってきています。
今までは「趣味はゲームです」というと引かれる…というような風潮がありましたが、今後はゲームが一般的な趣味として扱われるような世の中になっていくんじゃないかと僕は思っています。

ゲームにもたくさんジャンルがありますが、男1人で長く取り組んでいくならeスポーツとして扱われている「格闘ゲーム」がおすすめ。
好きなキャラを動かしているだけでも楽しいですし、インターネットを通していろんな人と遊べるので死ぬまで暇をつぶせます(笑)

対人戦略を組んだり、コンボ精度を高めたり、ライバルと競ったり…などなど、格闘ゲームは30代の男性が1人の時間を楽しむ趣味として向いているのでおすすめ。

アクション、対戦、パズル、シュミレーションRPG、ロールプレイング…などなど、自分好みのゲームに浸ってマイワールドに没入できるのはゲーム趣味の魅力と言えます。

ギター(エレキギター、アコースティックギター)

「もしギターが上手くなりたいなら、友達を作るな」と、ある有名ギタリストが言っていましたが、ギターを上達させるにはインドアで黙々と練習するしかありません。
ということで、「ギター演奏」は男1人で楽しめる趣味の1つと言えます。

自分が演奏してみたい曲をコピーして楽しんでみたり、オリジナル楽曲を作ってネットにアップしたり、「弾いてみた動画」をユーチューブにアップしてみたりと、近年はギター趣味も色々な楽しみ方ができるようになりました。

バンドを組むには人を集めなければならかなったり、複雑な人間関係やコミュニケーションスキルが必須。
しかしインドアで1人で気楽に取り組めるような遊び方ができるのは、ソロでギターを楽しむメリットです。

読書

小説や自己啓発、ビジネス書などを読み漁るのも男性が1人でできる趣味としておすすめできます。
毎月何百冊と新たに発行される新書を全て読み切ることはほぼ不可能ですが、逆に言えば「死ぬまで読書を楽しめる」とも言えます。

新たな知識を学んだり、感動的な物語を読んで心を動かしたりできるなど、読書は疲れ切った心に新たな風を運んでくれる素晴らしい趣味です。

先述した「ブログ運営」とも読書は相性がよく、学んだ知識をアウトプットするのにブログを使う人もいます。
学んだ知恵を他の人の役に立つような形で変換できるのも、読書(とブログ運営)の魅力だと言えるでしょう。

筋トレ

1人で何もすることがないなら、身体を動かす筋力トレーニングをしてみるのもおすすめです。
30代を過ぎると、今まで何ともなかった部分が痛み始めてきたり、筋力の衰えが加速していったりします。
放っておくと40代や50代になったときに「気づいたらボロボロの身体になっていた」なんてことにもなってしまうかもしれません。
もし「ポッコリお腹」が気になり始めた30代の男性にも、筋トレはおすすめの趣味の1つです。

また、大きな病気や怪我は40代以降に出てくることが多いので、30代の若いうちから基礎的な筋力・体力をつけていくことは、「人生100年時代」をたくましく生きる上で大切になってくると感じています。

サイクリング(自転車)

男1人、人力でどこまでも颯爽と走り続ける「サイクリング」もおすすめの趣味です。
サイクリングは、先述した「筋トレ(体力作り)」とも相性がよく、ダイエットにも向いています。

サイクリングロードを気持ちよく走りぬける爽快感は、インドア生活が中心の都会ではなかなか味わえないものです。
通勤に自転車を使うサラリーマンの方も増えており、運動不足解消や健康な身体作りなどにも活用できるのがサイクリング趣味のメリットです。

自転車によっては1台何十万円もするような高級バイクもあったり、パーツをカスタムするなどして遊べたりと、自転車の遊び方は近年では多様化しているのも面白いところです。

エントリーモデルなら数万円あれば購入できるので、サイクリング(自転車)趣味は「健康のため・ストレス解消のため」などにもおすすめです。

【おすすめの趣味6選】30代の男性におすすめ!1人でできる趣味まとめ|まとめ

30代男性が1人で楽しめる趣味をいくつかピックアップしてみましたが、いかがでしたでしょうか。

もし趣味探しをしているのなら参考にしてみてください。

【関連記事】よかったらこちらも読んでみませんか?

[スポンサードリンク]



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする