【ルアーインプレ】メガバスのおすすめ小型クランク『グリフォン』。可愛いデザイン、小粒なのにベイトでも投げやすい。

今から20年ほど前、メガバスルアーが大人気でどのルアーも入手困難だった。
そんな中、運良く入手することができたメガバスの『グリフォン』というクランクベイト。
かなり小さいがベイトタックルでも投げることができて、野池・川・大規模フィールド問わずよく釣れたのが印象深い。

グリフォンは見た目も可愛らしくて女性アングラーにも人気なコンパクトクランクだが、僕自身もこのビジュアルが大好きで、まるでコレクションでもするかのように何個も買ってしまう(笑)

今回はそんな愛しいメガバスのクランクベイト『グリフォン』を紹介していきたい。

■メガバス『グリフォン』のここが好き!
・キュートなデザイン。
・小型なのにベイトタックルでも投げられる。
・バスのサイズ問わずよく釣れる。
■メガバス『グリフォン』のここが残念;
・軽いので、慣れないと投げにくい。
・魚のサイズを選べない

アマゾンでグリフォンをチェックしてみる

[スポンサードリンク]



【ルアーインプレ】メガバスのおすすめ小型クランク『グリフォン』。可愛いデザイン、小粒なのにベイトでも投げやすい。

これが今回紹介するメガバスのクランクベイト『グリフォン』。

コンパクトなサイズ感がスレたバスに良く効き、小さいのにベイトで投げれるから便利で愛用している。

つい最近リニューアルしたグリフォンだが、見た目・重さ・アクション共にバージョンアップされた。

アマゾンでグリフォンをチェックしてみる

グリフォンの外観・デザイン

メガバス『グリフォン』の外観はこんな感じ。小魚のような印象もあるが、ピンボールのような球体状をしているのが特徴。

背中には年式とルアー名が記載されている。この仕様はメガバスの初期〜中期にかけて製造されたルアーに記載されているもので、最新型のメガバスルアーには書かれなくなった。

メガバス愛好家の中には、年式ごとにコレクションしている人もいる。

光をあてると内部が透ける、メガバスの『グアニウムゴースト』が美しい。

コンパクトなサイズ感が釣れる

写真上から、メガバス『グリフォン SR』、 OSP『ブリッツSR』、エバーグリーン『ワイルドハンチ』、ラッキークラフト『RTO1.5』。

最近の人気クランクベイトに比べるとグリフォンはサイズが小さめ。野池などの小規模な釣り場や、霞ヶ浦などのハイプレッシャーな釣り場で活躍するサイズ感だ。

グリフォンのような小型クランクは、ルアーに慣れたバスに過剰にアピールせず程よい刺激を与えてくれるので、スレた魚に口を使わせやすい。

僕はバス釣りを始めたての頃、迷ったらとりあえずグリフォンSRを投げ続けていたのだが、下手くそな僕にたくさんの魚を釣らせてくれた。何を投げればいいのかわからない初心者の人ほど、グリフォンを使ってみてほしい。

アマゾンでグリフォンをチェックしてみる

↓【関連記事】このメガバスルアーもスレた釣り場に良いのでおすすめ↓

[スポンサードリンク]



小型なのにベイトタックルでも投げられる

グリフォンは約7g。クランクベイトとしては軽量の部類に入るが、ベイトタックルでも楽に投げられるのが嬉しい。

キャスティングに慣れるまではコツが必要だが、それほど難易度も高くないため、すぐに投げられるようになるのもグリフォンの良いところだ。

【補足】グリフォンを投げやすいタックルは?
相性の良いタックルとしては、ベイトタックルならライト〜ミディアムクラスのロッド、スピニングならミディアムライトあたりが投げやすい。また、ベイトフィネスタックルでも投げられるため、使えるタックルの幅が広いところもグリフォンの魅力である。

実際にメガバス『グリフォン』を使い倒してみて感じていること

20年ほど前からグリフォンを使っているが、野池・霞ヶ浦など場所を選ばずよく釣れる…という印象が強いルアーだ。

グリフォンはバスのサイズを選ばずによく釣れるので、何を投げるか迷ったときや、ハイプレッシャーなフィールドで選ぶことが多いクランクである。

根掛かりしにくいので、プレッシャーのかかったピンスポットに投げて、障害物に擦り付けてバスを反射的に食わせるようなアプローチをしても面白い。フィネス的なカバークランキングにも向いているルアーだと思う。

ラトル音が結構大きいのでマッディのフィールドでサーチルアーとして使うのも良い。クリアレイクでは目立ちすぎないサイズ感が良いのか、よく釣れる。グリフォンは水質を選ばない使いやすいルアーなので、バス釣り初心者にとっては救世主となってくるれるだろう。

グリフォンは僕がバス釣りを始めたばかりの頃に使っていたクランクだが、「適当にポーンと投げてグリグリ巻く」というようなことしかできなかった僕でも、かなりバスが釣れたのが今も記憶に新しい。

「迷ったらコレを1日中巻けば、そのうち釣れるよ」という投げやりなアドバイスをしたくなるようなルアーだが、僕の中でグリフォンはそれぐらい信頼しているルアーである。

【ルアーインプレ】メガバスのおすすめ小型クランク『グリフォン』。可愛いデザイン、小粒なのにベイトでも投げやすい|まとめ

今回は、小粒で可愛く、そしてよく釣れるメガバスのクランクベイト『グリフォン』を紹介してみた。

現在も野池やボートの釣りで使っているが、釣果はその他の人気クランクに匹敵する。近年のメディアでは全く取り上げられていないクランクベイトではあるが、まだまだ現役で使えるルアーだ。

「20cmくらいのバスでもいいから、魚の反応が欲しい…」というような人や、クランクベイトで釣ったことがない人、ハードルアーが苦手な人におすすめできるルアーだ。グリフォンが気になった人はチェックしてみてほしい。

アマゾンでグリフォンをチェックしてみる

↓【関連記事】こちらのメガバスルアーもおすすめ。スレた魚に効く名作ルアー↓

[スポンサードリンク]