冬にシャッドプラグが多用される理由は、〇〇が変わるから。

シャッドは冬場限定のルアーではない。

しかし、多くのバサーは冬(低水温期)になると、シャッドプラグを多用し始める。

なぜだろうか。

それは、

バスのメインベイトと水質が変わるから

である。

【初心者向け】冬にシャッドプラグが多用される理由。

予備知識として知っておきたい、「シャッド」が生きる状況

シャッドが活躍しやすい状況を理解することで、冬場にシャッドが多用される理由も見えてくる。

シャッドが生きる状況とは、例えば以下のような状況において。

●メインベイト(主な捕食対象)が小型の魚類のとき

●水がクリアなとき

●アピール力が高いルアー(物体)を嫌うコンディションのとき

メインベイト(主な捕食対象)が小型の魚類のとき

バス釣りの基本は、バスが捕食しているエサに、ルアーの大きさや動きの方向性を合わせる『マッチ・ザ・ベイティング』。

バスのメインベイトがワカサギや稚ボラ、稚ギルといった小型の魚類の場合は、シャッドプラグのような小さいルアーが効く。

これは冬場だけでなく他の時期にも通ずることでもある。

たとえ真夏であろうと、バスが小型の魚類をメインベイトとしているのなら、シャッドが有効になりやすい。

水がクリアなとき

水が澄んでいるようなときは、スピナベやクランクといったアピール力が強いルアーはバスから嫌われやすい。

バスから丸見え状態で、尚且つプレッシャーが高いような状況では、シャッドプラグのような小型のルアーだとバスを騙しやすい。

アピール力が高いルアー(物体)を嫌うコンディションのとき

前述したが、クリアウォーター時やハイプレッシャー時などには、アピール力が高いルアーが効きにくいこともある。

バスが何かしらの影響によりハイアピールなルアーを嫌っている状況には、シャッドプラグが有効。

シャッドプラグはアピール力自体はそれほど高くはないものの、「食わせる力」は高いルアー。

クリアウォーター時やハイプレッシャー時、低水温期などのタフコンディション下は、シャッドプラグが活躍しやすい状況と言える。

冬にシャッドが多用される理由

先述した「シャッドプラグが生きやすい状況」を考慮することで、なぜ冬にシャッドプラグが使われるのか、その理由がわかってくる。

【冬にシャッドが使われる理由】
 

●バスの捕食対象(メインベイト)が魚類になるから

●メインベイトのサイズが小さいから

●水が澄んでいる時期(クリアアップ)だから

勘の良い方ならお気付きかもしれないが、冬場・低水温期のフィールドの状況は、シャッドプラグが活躍しやすい状況と見事にマッチする。

バスの捕食対象(メインベイト)が魚類になるから

(引用:HONDA

冬・低水温期はザリガニなどの甲殻類が、フィールドから姿を消す。

ボトムやカバーに生息する甲殻類の姿が減ってくると、バスは必然的に稚ギルや小バス、ワカサギといった魚類をメインベイトとし始める。

ボトムに対しても、それほど執着しなくなってくる。

(引用:Wikipedia

冬場のバスは、中・大型のベイトを捕食する体力がないため、稚ギルや小バス、ワカサギといった小型のベイトを捕食するといった傾向も。

サイズが大きいオイカワやウグイなどは動きが速いため、冬場のバスの捕食対象にはなりにくい。

冬はバスのメインベイトが小型の魚類に偏りがち。

これが「冬にシャッドが効く」とされている理由である。

横の動きに反応しやすい時期だから

バスのメインベイトが、「中層を横方向に移動する魚類」の場合、巻物系ルアーが効きやすい。

しかし、冬場は水がクリアアップしたり、ハイアピールなルアーを追ってくるような状況になりにくいことから、小型のシャッドプラグが選ばれる。

シャッドプラグはアピール力が低く、それでいて横方向にプルプルと泳いでくれるルアー。

「横の動きには敏感だけど、強いルアーを食う気力は無い…」といったバスのコンディションには、シャッドプラグがハマりやすいのだ。

水が澄んでいる時期(クリアアップ)だから

低水温期は水中のプランクトンが減少し、水がクリアアップする

そのため、ハイシーズンで使われていた高アピール力のルアーが効きにくくなるといった傾向も。

水がクリアアップした状況では、

シャッドやシャッドテールワーム、フラットサイドクランク、ガンメタブレードのスピナーベイト

…といった、アピー力が抑えてありながらも「物理的に”見せて”食わす」といった方向性のルアーが効果的になることもある。

●ビジュアル的に、バスにとって違和感がない

●低活性でも吸い込みやすい(弱そうなエサ)である

●横方向に動く

上記の要因が、冬場にはシャッドプラグが多用される理由だと考える。

まとめ:冬にシャッドプラグが多用される理由は、バスのメインベイトと”水質”が変わるから。

僕の個人的な体験談と一般論を交えつつ、「冬にシャッドプラグが多用される理由」について書いてみた。

シャッドプラグは冬場・低水温期において欠かせないルアーの1つ。

シャッドプラグを活用して、冬のナーバスなバスをゲットしてみてほしい。

●低スペックのシャッドを使うと、冬の奇跡の1匹を逃しがち

中途半端でダメダメなシャッドを使っていると、トラブルが起きやすい。

例えば、スローリトリーブや高速巻きといったテクニックをすると、しっかりと泳いでくれなかったり、なぜか根がかりが頻発する…といったトラブルも起きる。

しかし、名作・人気のシャッドを使うことで、そういったデメリットを解消することが可能だ。

スローリとリーブや高速巻きに対応できて、なおかつ根がかりしにくいシャッドを選ぶと、冬でも効率よく釣っていける。

冬・低水温期にシャッドで釣るなら、しっかりと作り込まれたシャッドを選んでいきたい。

以下の記事におすすめのシャッドプラグをまとめておいたので、良かったらコチラもチェックしてみてほしい↓