【バス釣り野池攻略】夏の釣りはシンプル・イズ・ベストを貫く。8月のスレた野池を攻略するポイント2つ。

夏の野池バスを狙うときに困るのは、気温の暑さ。

「暑すぎて釣れない」と感じることも多く、バスだけでなく人間側にとっても辛い時期だと言えます。

特にスレた野池の場合、小バスさえ食わないといったタフな状況に陥りがちです。

しかし狙い方が間違っていなければ、結果を出しやすいのも夏のバス釣りの特徴です。

今回は「夏のスレた野池バスを狙うときのポイント」について、僕の体験談を含めた解説していきます。

8月のスレた野池を攻略するのに大切にしたいポイント3つ

8月の野池バスの行動

水温が上がるにつれて、野池バスの活性は下がる傾向にあります。

野池の場合は水の動きが少ないので、水温上昇に伴って酸素の量も減っていきます

8月の猛暑は野池バスにとって、真冬に次いで最大の危機とも言えるシーズンなのです。

しかし、夏の野池バスは猛暑を避けて行動するようになるため、ある意味では狙い方が絞りやすいとも言えます。

暑ければ影に入るし、風が吹けば酸素が増えるウィンディサイド(風があたる面)に向かう。

水温が低い朝・夕マズメがチャンスタイムで、使うルアーは大体トップ〜表層系でオッケー

…といった感じで、行動や狙い方がわりとシンプル

●水温が上がりにくい(涼しい場所)

●水が動いている場所(流れ込み、水流、風が当たる面など)

この2点を意識するだけでイケます。シンプル・イズ・ベスト。

逆に言うと、これ以外のことを当てずっぽうに行ってしまうと、全然釣れない。

夏の野池は、「いるべき場所ではそこそこ食い気があるが、ダメな場所にはまるで居ない」といった感じで、釣果が極端になりがち。

この傾向は他の季節にも言えることではありますが、夏の野池の場合はそれが顕著になります。

なので、これらを意識しながら、以下の2つのポイントを意識していきます。

:水温が低い場所を狙う

:天候の悪化を狙う

1:水温が低い場所を狙う

8月の野池バスを狙うときは、水温の低い場所を狙うのが基本になります。

夏のバスは、夏の日差しや水温上昇を避けて行動する傾向にあります。

そのため、木々が作り出す日陰(シェード)を狙うのは基本中の基本となります。

水面に覆いかぶさっている木々が作り出すタイプの影(シェード)や…

カバーが複雑に水中に入っているポイントなどなど、夏場はとにかく”シェード”を狙っていくのが基本となります。

ただ、野池の濃いカバーに一般的なミディアムクラスのベイトロッドを使ってしまうと、魚がかかったときにラインブレイクしてしまったり、ロッドが折れてしまうこともあるので、できればヘビーパワーのロッドを用意したいところです。

オカッパリで使うヘビーロッドの選び方について解説した記事を書いたので、よかったらこちらもチェックしてみてください↓

【関連記事】

●必ずしも「夏=シェード」ではない

しかし曇りや雨の日、朝・夕方のマズメ時など、太陽光が輝っていない時間帯はその限りではありません。

なので、戦略的には以下のような行動を取るのがセオリーと言えるでしょう。

●朝夕マズメはバスが動いているので、テンポの速い釣りをしつつ、広く探っていく(”夏=シェード”の概念にとらわれすぎないように)。

●日中はシェードを中心に狙っていく。
→テキサスリグやジグ、スナッグレスネコリグなどでカバー打ちを展開していく。
→虫系ルアーやトップ系ルアーも有効。

●風が吹いたり、曇ってきたらシェード以外のポイントも視野にいれる(主に水温が上昇しにくいスポットや、流れが効いているエリア、水が動いているエリアなど)。

具体的にどんなルアーを使えばいいのかは、以下の記事が参考になるかと思います↓

2:天候の悪化を狙う

夏の野池は水が動かないため、酸素不足になっていたり水質が悪化しやすい傾向にあります。

そのため、強い風が吹いたときや、雨が降ったときは狙い目です。

●”風”はボーナスポイント

風が吹くと野池の水が動き、酸素量が上がり、それに伴って小魚などのベイトも動き始めます。

風が当たる面・場所にバスの捕食対象となる餌がたまり始めるため、風が吹いたときは迷わず「ウィンディサイド(風が当たる面)」を狙います。

●”雨”はフィーバーチャンス

8月は雨量が少ないですが、もし短時間でも雨が降ったのなら、釣り場に足を運んでみることをおすすめします。

新鮮な水が水面を叩くことでも、酸素量が上がるからです。

【バス釣り野池攻略】夏の釣りはシンプル・イズ・ベストを貫く。8月のスレた野池を攻略するポイント2つ|まとめ

今回は、8月の夏の野池を攻略するためのポイントを解説してみました。

夏場は「水温が上がりにくい場所」と「流れ」がキーポイント。

この2点だけを意識すればきっとバスが釣れるはずです。


【関連記事】こちらも読んでいきませんか?

カバー打ちに関する記事をまとめたページ↓

 

【釣り番組5000本以上が見放題!】

●スマホ・PC・タブレットでいつでも見られる!

●毎月、新番組約100本追加!


今ならお試し14日間、無料

↓↓今すぐチェックしてみる↓↓

→バス釣り動画はこちら

 

Twitter