スレた野池でデカバス・50アップを釣るためのテクニック(基礎編)

いきなり自慢しちゃいますが、先日、関東某所のスレまくり野池で50cm釣ってきました。

関東のハイプレッシャーな野池で釣った魚ですが、狙って釣った魚だけに喜びも一入といった感じです。

ここ最近は連続して50アップを釣り上げることができているので、とても嬉しいです。

【関連記事】

こんな感じで、どんなにスレた野池でも、ハイプレッシャー対策や、スレた野池を攻略するための基礎知識さえ知っていれば、誰でもデカバスを釣ることができます。

今回は、「スレまくり・超ハイプレッシャーな野池でデカバスを釣るためのテクニック(基礎編)」を紹介したいと思います。

僕はバスプロでもなければメディアプロでもないですが、誰でもできる簡単なことを意識するだけで、ご覧のような50アップを釣ることが出来ています。

この記事が、「スレた野池でデカバスが釣れなくて辛い」と感じている人のお役に立てば幸いです。

スレた野池でデカバス・50アップを釣るためのテクニック(基礎編)

スレた野池のデカバスを狙うために意識したいポイントは、以下の3点です。

1:タイミング

2:ベイト

3:アプローチ

1:タイミングを意識する

デカバスを釣るためには、デカバスが捕食活動に入っているときを狙うのがベストです。

スレた野池の場合、賢いデカバスはごく短時間に、限られたピンポイントで捕食を行っていることが多いです。

例えば、以下のような瞬間です。

●朝・夕方のマズメ時

●強風が吹き始めたタイミング

●天候や水質に”変化”が起きた瞬間

野池のスレたデカバスを狙うときは、こういったタイミングを狙って釣行することが大切になります。

狙うポイント自体は、いつもと同じような感じでも構いません。

例えば、以下のようなポイントを狙っていきます。

●木々などの障害物がある場所

●風が当たっている場所(あるいは当たっていない場所)

●岸沿い

●朝・夕方に、バスが捕食活動を行なっている場所

このようなポイントを狙うのが基本です。

釣り場へ入るタイミングは誰でも簡単に意識できる部分なので、野池のデカバスが釣れない人は試しに意識してみてください。

しかし、ここで注意したいのがアプローチです。

2:どうやって釣る?

これは僕個人の解釈になりますが、バス釣りにおける”アプローチ”とは、ポイントへの入り方や、ルアー選択、タックル選択、エリア選択などなど、「バスを釣るための手段」のことを指します。

スレた野池のデカバスを狙うには、アプローチの質を上げるのが大切だと僕は考えています。

それは例えば、以下のようなものになります。

●ポイントに入るまでの足音(20mくらい前から意識する)。

●キャスト回数は控えめに。

●着水音は静かにするか、意図的な”音質”を作るように着水させる。

野池のデカバスは、とにかく臆病で慎重な性格をしています。

そのため、できる限り「不意をつく、予想を裏切る、油断しているときを狙う」のが大事です。

イメージ的には、忍者、ハンター、暗殺者、アサシン、サバイバル…な感じです(笑)

●「この立ち位置からは、さすがに誰も投げないだろう」

●「この立ち位置からなら、バスから絶対に(足音などで)こっちの存在がバレないだろう」

●「君、こんなルアーの動き、見たことある?ないでしょ」

…などなど、デカバスの予想を裏切るような行動を、こちらもとっていくのです。

『野池のスレたデカバスは、神経質で臆病、ネガティブで心配性なのだ』と意識するだけでも、こちらがとるアプローチ(行動)の質がかなり変わります。

補足:剣豪は総じて”臆病”である

腕の立つ剣豪ほど、他人の行動に対して敏感に反応する「臆病気質」だったという話を聞いたことがあります。

真剣を使った試合(死合)では、ちょっとした油断が命取りになるからだと思いますが、これはデカバスにも言えることなのではないかと僕は考えます。

野池で釣られまくったデカバスは、常に「死」と隣り合わせの状況にいます。

毎日のように、命を脅かす存在であるルアーが目の前を通り過ぎる状況は、想像を絶するほどのストレスな筈。

数多の死線をくぐり抜けてきたデカバスほど、めちゃくちゃ慎重で臆病な性格をしているのだと、僕は感じています。

そしてまた、ルアーを決めるのも”アプローチ”の1つとなります。

ルアーを選ぶときは、バスが何を食べているのかを知ることが大切になります。

3:バス、何食べてるの?

自分が通っている野池のバスが、普段なにを食べているのか意識するのは、ルアーを選ぶ上ではとても大切になります。

例えば、ザリガニやカニ、エビやハゼ、小バスやギル、虫…などなど、バスの捕食対象となる「ベイト」の種類は様々です。

今自分が立っている瞬間、目の前の野池にいるデカバスが何を食べているのか理解できれば、釣れる確率はグっと上がります。

そのときは釣れなくてもいいので、1年後に「確かあのときは、トップに反応が良かったんだよな…もしかして、この時期はクモとか虫系を食べているんじゃないか?」みたいに、過去の経験を生かしていく。

これを繰り返すことで、通っているフィールドのデカバスが、主に何を捕食しているのかが見えてきます。

「捕獲網・捕獲ペットボトル」などを使って、野池の生態調査をしてみるのもおすすめです。

野池バスのベイト論については以下の記事でもお話しているので、よかったらコチラもチェックしてみてください↓

スレた野池でデカバス・50アップを釣るためのテクニック(基礎編)|まとめ

今回は、野池のスレたデカバスを釣るためのテクニックの基本を紹介してみました。

僕もまだまだ下手くそですが、この記事で書いたことを意識するだけで、結構釣れるようになってきています。

全く意識しないで1年経過するのと、何かを意識し続けて経過する1年では、結果がかなり変わりますので、釣れなくて困っている人は、ぜひ色んなことを試してみてほしいです。

それと、どれも簡単に実行できることですが、簡単にデカバスが釣れるわけでもないので、根気強く釣り場に通っていくことが大事だと僕は思っています。

【関連記事】こちらも読んでいきませんか?  

 

【釣り番組5000本以上が見放題!】

●スマホ・PC・タブレットでいつでも見られる!

●毎月、新番組約100本追加!


今ならお試し14日間、無料

↓↓今すぐチェックしてみる↓↓

→バス釣り動画はこちら

 

Twitter