ジャークベイトに使うギア比は、ハイギア一択。その理由について。

スポンサーリンク


ミノーを使ったジャーキングの釣り。
ジャークベイトでジャーキングをするとき、ギア比は何がいいか?

答えは【ハイギア一択】である。

ジャークベイトに使うギア比は、ハイギア一択。その理由について。

ジャーキングアクションすると、動かした分ラインがたわむため、余分なライトがたくさん出る(スラックライン)。

余分に出たラインスラックを素早く回収するには、ハイギアを使うと非常に楽だ。

ローギアでもできないことはないが、以下のような障害も出てくるので注意したい。

■ローギアでジャーキングするデメリット
・ラインスラックを巻き取るのに手間がかかる。
・ラインスラックを回収している際のバイトを見逃しにくい。

ミノーを使ったジャーキングの釣りでは、ラインスラックは速く回収できることにこしたことはない。

このことから、ジャーキングには、ラインスラックを素早く回収できるハイギアが有利だと言える。

あえてローギアを選ぶ人もいる

人によっては、ジャーキングの釣りにローギアを選ぶ人もいる。

真冬のジャーキングの釣りをするときに、「ラインスラックを速く回収しすぎでしまうと、サスペンドさせる(停止させる)時間を長くとりにくい」と考える人もいる。

ハンドルをクルクルと回してラインスラックを回収する際に、頭の中で「(1…2…3…ジャーク)」というようなカウントダウンをとる人もいる。
各々の体内リズムによっては、ハイギアよりもローギア・ノーマルギアの方が心地よいと感じるアングラーもいるのだ。

僕個人としてはジャークベイトを使ったジャーキングをする際には、ハイギア一択だと考えている。

しかし、人によっては(その人のリズムによっては)5.8~6.2くらいのローギア・ノーマルギアを使うのが好みだと言う人もいる。

何にせよ、僕個人としては、ミノーを使ったジャーキングの釣りは「ハイギア一択」であると考える。

スポンサーリンク




【関連記事】こちらも読んでいきませんか?

http://matatamacoron.com/2020/01/12/post-2370/

スポンサーリンク



 

【釣り番組5000本以上が見放題!】

●スマホ・PC・タブレットでいつでも見られる!

●毎月、新番組約100本追加!


今ならお試し14日間、無料

↓↓今すぐチェックしてみる↓↓

→バス釣り動画はこちら

 

Twitter