クランキング用グラスコンポジットロッドで7フィートレングスを使うメリット・デメリット

スポンサーリンク


最近はファルコンの「CLC7M」というグラスコンポジットロッドを使ったクランキングにハマっている。

もっちりしていてキャストが楽しく、それでいてトレブルフックの掛かりがめちゃくちゃ良くて、クランクベイトの釣りがとても快適。


アメリカンロッドを使ってRTO1.5を投げていると、何だか本場アメリカで釣りをしているみたいでとても楽しい。

過去にグラスコンポジットロッドを使ったことは何度かあるのだけど、7フィートという長さのものを使ったことはこのロッドが初めて。

クランキングのエキスパートや、アメリカのバスプロ達がクランクベイトを使った釣りをするときになぜ7フィートという長いロッドを使うのか不思議に思っていたんだけど、少しずつその疑問が晴れてきた。

先日の釣行(クリックするとその記事へ飛べます)でもファルコン「CLC7M」を使ってクランキングの釣りをやり込んできたので、ちょっとこの辺りで復習も兼ねて「グラスコンポジットロッドで7フィートを使うメリット・デメリット」を書いてみようと思う。

■グラスコンポジットロッドで7フィートを使うメリット
・クランクのトレースコースを選びやすい。
・レンジコントロールがしやすい。
■グラスコンポジットロッドで7フィートを使うデメリット
・キャストの難易度が上がる。
・取り回しが悪い。

スポンサーリンク



グラスコンポジットロッドで7フィートレングスを使うメリット

グラスコンポジットロッドには各社から様々な長さのものが発売されているが、色々と調べているうちに「どうやらクランキングのエキスパートは7フィートくらいの長いグラコンロッドを使う人が多い」ということがわかってきた。

過去にグラコンロッドを使ったことはあるけれど、ファルコン「CLC7M」という7フィートのロッドを使うことで、長いロッドを使ったクランキングのメリットも見えてきた。

■長いグラスコンポジットロッドを使うメリット
・クランクのトレースコースが選びやすい。
・レンジコントロールがしやすい。

クランクのトレースコースを選びやすい

ロッドの長さが長いと、その分ルアーを泳がせるコースを選びやすいのは、7フィートグラコンロッドを使う大きなメリットだと感じている。

・ちょっとしたカバーにクランクを投げ込んで、10〜20cm分だけ横を通したい…みたいなとき。
・ミスキャストして枝の奥に投げちゃったけど、ロッドレングスを使ってスラックラインを出して回避。

…みたいな繊細なクランキングゲームが可能になる。

クランクベイトはスピナベみたいにそれほどアピール力もなく、1つのカバーにコースだけ変えて何度も投げることが多い。
こういう釣りをより快適に行うには、6.8〜7フィートくらいロッドに長さがあったほうがいいのだなぁと学んでいる。

レンジコントロールがしやすい

クランクベイトはロッドを構える高さによっても潜る水深を選べるルアー。
ロッドを高く構えればシャローレンジを泳ぐし、下に構えれば深く潜る。

ロッドに長さがあると、より繊細なレンジコントロールを行うことができる。
「あのカバーは、水面から60cmくらい下にも色々沈んでるから、そこにクランクをいい感じでコンタクトさせて反射的に食わせよう」みたいなことも、7フィートあると行いやすい。

いざというときは、シャロークランクを使っていても、ロッドを水中に突っ込んでニーリングして無理やり深く潜らせる…という荒業ができるのは、ロングロッドを使うメリットだと感じる。

グラスコンポジットロッドで7フィートを使うデメリット

「トレースコースを選びやすい」「レンジコントロールがしやすい」というのが7フィートグラコンロッドを使うメリットだが、長さがある分、デメリットもある。

キャストの難易度が上がる。

これは個人のキャスト技量にもよるが、7フィートという長いグラスコンポジットロッドを使って、カバーのキワキワを狙っていくのはなかなか難しい。

普段6.3~6.6くらいのロッドで釣りをしている人は、グラスコンポジットロッド特有の柔らかさ&7フィートというロングレングスロッドを使った釣りをすると最初は戸惑うかもしれない(僕はめちゃ戸惑ってる)。

僕自身のキャストレベルが低いということもあるが、7フィートのグラスコンポジットロッドのキャスト難易度はやや高いと感じる。

取り回しが悪い。

ロッドが7フィートある分、房総リザーバーなどで木々の下に入ってキャストしたり、オーバーハングにぶち込もうとした際のちょっとしたロッドの角度が取り難かったり…といったデメリットも感じる。

キャストをする際のロッドの角度については、ボートを流すコースを変えることで対処できる点ではある。
が、野池などの小規模フィールドで周囲に木々が生い茂っているような場所で釣りをするときは、7フィートレングスがデメリットになり得る。

霞ヶ浦、中・大規模河川など広いフィールドで釣りをするなら、取り回しの悪さはそれほど感じられないと思う。

グラスコンポジットロッドで7フィートレングスを使うメリット・デメリット|まとめ

今回は、クランキングで使われるグラスコンポジットロッドで、7フィートというロングロッドを使うメリット・デメリットについて書いてみた。

僕もまだまだクランキングの知識や経験が浅いのでざっくりした記事になってしまったが、「なんでクランキングに7フィートとかいう長いロッド使う必要があるの?」と疑問を抱いている人の参考になれば幸いだ。

■グラスコンポジットロッドで7フィートを使うメリット
・クランクのトレースコースを選びやすい。
・レンジコントロールがしやすい。
■グラスコンポジットロッドで7フィートを使うデメリット
・キャストの難易度が上がる。
・取り回しが悪い。

【関連記事】7フィートのグラスコンポジットロッドのおかげで、クランキングを楽しめたっていうことについて書いた記事↓

バスロッドの長さの選び方について書いた記事↓

スポンサーリンク



 

不要な釣り具を売るなら!

【出張料金・宅配キット・返品送料すべて無料!】




★売値を30分以内にご回答!

★カンタン5分で無料メール査定!

※いまなら買取強化中!高価買取実施中!

→今すぐ釣具の買取査定をしてみる!

 

Twitter