【ビフォーアフター】バス釣りで楽をするために、筋トレダイエットを1年4ヶ月やり続けた結果。


スポンサーリンク



1年半くらい前からレンタルボートの釣りを始めたのだが、始めた当初に思っていたのが「バスフィッシングって肉体的にかなりハード」だというものだった。

レンタルボートに乗る前までは、近場の釣り場や野池、霞ヶ浦のオカッパリなどでまったりと釣りをしていたが、レンタルボートはオカッパリとはまた違った肉体的疲労がある。

エレキ等の運搬やキャスト数の多さ、ボート上での不安定な足場などが肉体的に結構ハードで、なんとかこれらを快適にこなせる方法はないかと考えていたときに思いついたのが「筋力トレーニング(ダイエット)」。

筋トレ自体は数年前から続けていたものの、それらはバーベルなどを使った本格的な取り組み方ではなく、マシンを使った軽いトレーニングだったため、上記の画像の通りほぼ結果は出ていない。

そこで、1年4ヶ月ほど前からわりとマジメに筋トレに取り組んでみようじゃないか…という思惑のもと、自分なりに筋トレダイエットをしっかりと(そしてたまに手を抜いたりとしながら)継続して続けてみた。

筋トレダイエットを続けて肉体が変わっていくと、バスフィッシングを行うにあたってメリットがたくさん生まれた。
今回は「バスフィッシングで楽をするために、ハードな筋トレダイエットを1年4ヶ月続けてみた結果」を書いてみたいと思う。

■筋トレダイエットがバス釣りに与えるメリット
・ロングキャストの飛距離が伸びる。
・スイングスピードが速くなる。
・手首、前腕、腕から肩にかけての疲労感が減った。
・フッキングパワーの向上。
・エレキ等の運搬が少し楽になる。
・重いルアーを快適に投げれるようになる。
・ふとしたハプニング時に筋肉が助けてくれる。

スポンサーリンク



【ビフォーアフター】バス釣りで楽をするために、筋トレダイエットを1年4ヶ月やり続けた結果。

レンタルボートの釣りはキャスト数が多かったり、不安定なボート に立ち続ける時間が長い。
肉体的にかなりエネルギーを使うので、レンタルボートのバスフィッシングはかなりスポーツ性が高い。

また、レンタルボートの釣りはエレキやバッテリーなどの機材の搬入・搬出時にもパワーが必要になる
僕が使っているバッテリーは30kg弱もあり、エレキやバウデッキ、ミドルデッキにタックルボックス…などなど、これらを毎回積み込んでまた車に乗せて…という重労働をしなければならない。

レンタルボートを始めた当初は「マジでこんな作業を毎回やんなきゃいけないの…?」と若干引きもしたが、現在ではホイホイと楽にこなすことができるようになった。筋肉すごい!

こういった経緯があり、ヒョロい身体だと今後長く続けていくことができないと思ったため、1年半ほどしっかりと筋トレを続けてみた。

その結果がコチラ↓

週に3〜5回、スポーツジムで本格的な筋トレを1年4ヶ月ほど続けた結果がこんな感じ。

劇的な変化!ってわけではないが、そこそこ身体が締まってきたかな?という印象。

始めた数ヶ月は体重ばかり気にしてしまっていたが、ジムのトレーナーに「体重は気にしないほうがいいですよ。見た目が全てです」とのアドバイスを頂いたので、できる限り体重にこだわらないように気をつけていった。

ということで最近はほぼ体重計に乗っていないので正確な体重はわからないが、最後に乗ったとき(2020年1月くらい)は82kgくらいだったと思う。

体重を落とすことにのみ集中していたときは78kgまで落ちたが、心身がボロボロになってバス釣りどころではなくなってしまったため、現在は健康的に…といった感じで取り組んでいる。

とりあえず参考までに、ビフォーアフターの数値の変動を書いてみる。

■肉体的なデータのビフォーアフター
体重:95kg→82kg(ピーク時78kg)
体脂肪:32%→25%
パンツのサイズ:35インチ→33インチ
服のサイズ:XL→L
ベンチプレス(MAX):53kg→72kg

筋トレダイエットがバス釣りに与えるメリット

劇的に印象が変わった感じではないが、筋トレや体幹トレーニングを行うことによって、バス釣りの快適度がけっこう変わったと感じる。

例えばこんな感じ↓

■筋トレダイエットによって変わったこと。
・ロングキャストの飛距離が伸びた。
・スイングスピードが速くなった。
・手首、前腕、腕から肩にかけての疲労感が減った。
・フッキングパワーの向上。
・エレキ等の運搬が少し楽になった。
・重いルアーを快適に投げれるようになった。
・ふとしたハプニング時に筋肉が助けてくれる。

筋トレによって、全体的にキャスティングの快適性が上がったような実感がある。

ルアーを遠くに投げるのが楽になったし、ロッドのスイングがブレにくくなったためなのか、キャスト精度も上がったように感じる。

ヘビーロッドを使ったフッキングも楽々。筋トレのおかげで、太いブラシガードのついたラバージグを上顎に貫通させるフッキングパワーもついた。

エレキ等の機材の運搬もけっこう楽になった。
30kg弱あるバッテリーの運搬も、以前なら汗水垂らしながらヒィヒィ言っていたところが、今なら「ふぅ、疲れた」くらいの違い(わかりにくい)。
疲労度を10段階評価にすると、以前なら8〜10くらいだったのが、今なら4〜6くらい。
フットエレキすら両手で頑張って運んでいたのが、今は片腕だけで余裕で運べる感じ。まぁまぁ楽になった。

先日の落水事件の際にも、鍛えていたおかげで「フン!!」といった感じで筋肉に助けられたのは良い思い出。

【関連記事】三島ダムで落水した件

バス釣りのために行った筋トレは、実釣面やセッティング面においてもかなり効果があった。

「毎週末のバス釣りで体力を使い果たしてしまうのが辛い」という人は、少しずつでもいいから筋トレをすると楽になると思う。

筋トレダイエットはバス釣りをするのも楽になるし、身体も絞れるしでかなりおすすめ。


【関連記事】筋トレダイエット中に役に立った食材

スポンサーリンク