エレキギターの教則本は不必要である理由。



ギターの教則本は必要ですか?

僕がレッスンをしていた生徒の多くは、「ギターが上達するには、苦しい練習が必要だ」と思い込んでいる人がたくさんいました。
彼の質問でよくあるのは「やっぱり教則本とか使って練習したほうがうまくなりますか?」というようなものでしたが、結論から言うと

「必要ない。欲しい・興味があるなら買ってみてもいい…くらいのレベル」

だと僕は考えています。

感覚的には「ゲームの攻略本」みたいな感じでしょうか。あってもいいし、なくても一応は上手くなるよ、といったところです。

僕は過去に何冊か買ったことありますし、音楽学校でも買わされましたのですが、どれもクソほどにも役に立ちませんでしたね^v^;(最近のは改善されてるのだろうか?)


教則本の効果って?

巷でよくある「地獄のメカニカルなんたら〜」っていう本はよく売れているようですが…。
このような教則本はここ近年に作られたものであって、「この本を使えば、誰でも一定の基準までは弾けるようになりますよ」っていうシステムをアピールしたいだけなんじゃないか、と個人的には感じています。

そういったもので記憶したフレーズは、”ごく限られたシーン”でしか使用できない場合が多いんですよね。特に、作曲だとかユーチューブに弾いてみた動画を上げるような人なんかは、そういうフレーズをそのまま引用しちゃうと「あぁ、これはあのメカニカルフレーズそのまんまだな…w」というような失笑をくらってしまいかねません。恐ろしや。

教則本で練習して「書かれているフレーズだけ」上達したい人は本を買ってもいいとは思いますが、それ系の本はみんなやってるでしょうし、その辺のことをどう捉えるか、ですよね。

ということで、本とかネットに書いてあるフレーズは、当然のように周りの人も知っていたり、または使ったりしているってことも知っておいてください。

あと、ギターを上達させるために必要なことがあります。

それは「あなたの根本的な悩みは”教則本”が解決してくれるのではなくて、”あなたのギターへの取り組み方”が解決してくれる」ということです。受身ではなく、できる限り能動的に行動していってほしいです。

ですから、別に教則本なんかをお金かけて買わなくてもギターは十分にうまくなりますし、耳コピで好きなギタリストのフレーズを参考にしてたほうがよっぽどためになったりもします。耳も鍛えられますしね^v^


教則本は本当に実践で使えるのか?

先ほども言いましたが、教則本に書いてあるフレーズって実践でどれだけ使えるのか疑問です。

実践の場(ジャムセッションや作曲など)で役に立つとも思えないし。指の動きとかは役立つと思いますけど…。

セッションとかでアドリブする際には、頭に浮かんだフレーズをギターで演奏することになるんですが、いくら教則本のフレーズが上手に弾けようが、実際の現場で頭に浮かんでくるフレーズは、教則本に出てくるようなフレーズとはかけ離れている場合が多いんですよね。
ジャムセッションやアドリブでギターを弾く際に、果たして教則本で必死に学んだフレーズが役に立つのだろうか?正直、僕にはその点を疑問視しています。

それと、これは僕個人の意見ですが、ギターの教則本はオリジナル曲のソロパートを演奏する際にはまるっきり役に立たない、とも考えています。

オリジナル曲を作ろうって思ったときに、例えばギターソロを考えようとしますよね。
その時に「そうだ、あの教則本に書いてあったフレーズを使ってみよう」なんてことをしてしまうと著作権が絡んできたり、「他人の考えたフレーズを丸パクリする」といういささかミュージシャンシップに欠けると思われる行為にも繋がってきてしまいます。

ギターの教則本をどうやって活用するのかは個人の自由ではありますが、著作権の絡むようなものであったり、自作曲に引用しようとするのは、いちギタリストとしてはちょっと違うんじゃないか…と思ってます。





有名ギタリストに学ぶ

ジミーペイジやジョーペリー、マイケルシェンカー達が過去に教則本などを使って練習したのかと考えてみると、ほぼ間違いなく彼らは教則本を活用することなどなかったと思われます。したとしても基礎的なレッスン用の楽譜くらいじゃないですかね…まぁ妄想になっちゃいますけどw

”彼らは最初のコピーギタリストを早々の段階で終えて、すぐにオリジナリティの道を進んだ”

というのは、有名ギタリストのエピソードにもよく出てきます。

マイケルシェンカーは未だに毎日基礎練習をみっちりやっているそうですが、彼が教則本なんかで練習した日にゃ、彼独特のオリジナリティはきっと失われていたんじゃないでしょうか。
「才能ある有名ギタリストと、無名の新人のギタリストを比べるのはおかしい」って声も聞こえてきそうですが…(笑)

「才能がないからこそ、教則本でそれを補うんや!」っていう意見もよく耳にしますが、「才能があるか、そうでないか」なんて、教則本を買おうか迷っている段階程度では、まだわからないと思います。

ジミ・ヘンドリックスはギターを始めて7日で「ああ、才能がない」なんて悲観しながら練習していたんでしょうか?そんなことはないですよね(笑)
本当にギターが好きで好きで、楽しくて、そんで更に自分の魂を表現したくなっちゃって、結果的に有名になっちゃった、って感じだと思います。

で、結局何が言いたいのかというと、「楽しみながら上達していってほしい」ってことです。


モノがあなたを上達させるわけではない

ポジティブ的に「教則本で更に上達するぞ!うおおお〜〜!」って感じで本を買うなら、あなたはほぼ間違いなく上達します。
ですが、ネガティヴ的に「あぁ…才能もないっぽいし、全然うまくならないし、とりあえず教則本買ったら上達するかな…」という悲観ベースで本を買うなら、きっと上達は遅いままでしょう。

なぜか?
それは「教則本(他者)が自分を上達させてくれる」と思っているからです。

本とかは買わなくても上達することはできますから安心してくださいw

ギターを教えている僕が言うのもおかしいですが、ギター教室なんか通わなくてもギターは十分弾けますから大丈夫です
「他人(先生)が自分を上達させてくれる」という考え方でレッスンを受ける生徒さんは、残念ながらほとんど上達しません。苦しい練習なんて絶対長く続きませんからね…。
「来週までに、これを弾けるように練習してきてね」なんて先生から言われて、果たして本当にギターを楽しみながら練習できるでしょうか?(ドMな方は別です(笑)

どうせなら、楽しく練習したくないですか?
教則本を買うか迷う前に「自分は一体ギターの何が楽しいんだろう?」と考えてみてください。

ギターソロが好きではない人が教則本なんかを買っても、学べることは少ないでしょうから。
例えば、あなたがアルペジオが好きで仕方ないのに、ギターの先生から「ギターっていうのはね、まずはスケールを理解して、ギターソロもアドリブで弾けるようにならなくちゃいけないんだ」なんて言われて、楽しくレッスンを受けられますか?
まず無理でしょ、先生と自分のやりたいことが違うんだから(笑)


で、結局「教則本」は買ったほうがいいの?

ちょっと話が逸れてきちゃってるんで、ここでまとめます。

「教則本は、買っても買わなくても別にどっちでもいい」

「手っ取り早く、フレーズのネタ(引き出し)を増やしたい!」っていう方にはおすすめです。それっぽいフレーズがたくさん載っていますから。
ただ、前述しましたが、そういうフレーズってわかる人が聴いたら一発でわかっちゃいますよ。「あぁ、あれはどっかで習ったフレーズを弾いているんだな」と。

「将来、オリジナリティを持ったギタリストになりたい!」っていう強い意志がある人には、僕は教則本は絶対オススメしません。
なぜか?

「もう一歩先に!」と考えるギタリストの壁「オリジナリティ」が存在するからです。

このことについてはまたいつか…。