【サウンド動画】使いやすい!MXR”micro amp”の音チェック動画をアップしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巷で人気のクリーンブースター「MXR micro amp」のサウンドチェック動画を投稿しました。

MXR micro ampは、

・クリーントーンをより鮮やかに彩ってくれる効果を得られる。

・簡単にオン、オフの音量差を得られる。

・初心者でも扱いやすい。

といったメリットを生み出してくれるコンパクトエフェクターです。


ギターのクリーントーンって、原音のまま演奏するとショボくてピチャピチャの薄い音で、バンド音に埋もれてしまうと感じることってありませんか?
例えばライブハウスでクリーンな音を演奏するときに「えっ、何だか私の音、ショボすぎっ?」と感じたときにオンにするだけで、一気にクオリティの高い音圧を作り出すことができるので便利です。

原音を損なうことなくクリーンに音圧を上げてくれるので、「ギターソロのときに一歩前に出たい!」というときなんかにもオススメです。
プロのミュージシャンはギターソロになったらミキサーさんが音量を上げてくれますが、無名のアマチュアギタリストはソロのときになったら自分で音量調整しなきゃなりませんよね。
そういったときにMXR”micro amp”が1つあれば、簡単に音量を底上げしてくれます。

動画の後半ではボリュームをMAXにしてテストしていますが、あまりに音がデカくなりすぎたので音割れしてしまい、原音を出来る限り絞って録音するハメになりました(笑)
それくら簡単に原音との音量差を得ることができるんですよね。


あと、僕が実際に使ってみて思ったのは「扱いやすさ」です。

ボリュームのツマミが1つ」という超シンプルな作りになっているので、エフェクターの使い方がわからない初心者の方や、面倒な設定に辟易している玄人のミュージシャンまで、多くの方に対応しているなと感じました。

・ペチャペチャの薄い音じゃなくて、音圧のある良い音で演奏したい!
・ギターソロでもうちょい前に出たい!
・簡単にプロっぽい綺麗な音を出して楽しみたい!

こういった人にもmicro ampは向いているでしょう。


デメリット

ここまではメリットを書きましたが、デメリットも紹介します。
まずは、というかほぼこの点しか短所は感じられなかったのですが、それは

100%原音に忠実にボリュームアップできるわけではない

です。

「音量が上がる」=「歪みが生まれる」ということでもあるので、まるっきり原音に忠実に音量アップ効果を得られるわけではないのです。ツマミを上げれば上げるほど音量も上がります。そしてその分”歪み”も出てきます。

もちろん、クリーントーンで使用すると音圧は上がるし、綺麗で高音質な音に変化する効果を感じられるエフェクターではあるのですが、使い方を一歩間違えると結構ヤバい印象を感じました。

例えば、

・バンドで演奏中、ガンガンに歪ませたリードギター音に、更にmicro ampを使ってツマミMAX!でガンガンと前に出る。

・クリーンサウンドが中心のバンドやセッション中、自分のソロの時間になったので、思いっきり音量を上げるためにmicro ampのツマミをMAXにして超自己主張していく。

こういった極端な使い方をすると、

・ミキサーさん側が操作するスピーカー音をブっ壊してしまう

・あまりに他の楽器の音量とかけ離れた音が出るので、聴いている人がビックリする(他者に嫌悪感を与える可能性が出てくる)。

…みたいなデメリットが発生してきます。
ですから、ライブでソロに使うときはミキサーさんと音量差について話す必要も出てきます。

「ソロでブースター使いまーす!」みたいに、ライブ出演するときのサウンドチェックでボリュームチェックはより欠かせなくなってくるんですね。
また、セッションみたいな小規模の場所で使用する場合はミキサーさんがいない可能性もあるので、ボリューム調整は自己責任になります。

ボリューム調整は、「自分が気持ちよくなるため」ではなく、あくまで「お客さんが聞き分けやすくするため」を基準に行うと、micro ampのデメリットは薄らぐんじゃないかなぁ〜と思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Twitter

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする